洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

お金を洗うクリーニング店
 

こんにちは。カジコです。

 

3月の京都は梅が見頃を迎えており、街のあちらこちらで地図を片手に散策を楽しんでおられる方をたくさん見かけるようになりました。

 

そして今年は11日に『第1回京都マラソン』が開催されます。

国際文化観光都市として世界文化遺産や大文字の送り火で有名な五山の山々を楽しみながら京都の魅力を感じていただくコースとなっており、今朝から入念に下見を兼ねて走っておられる姿が多数。

また同日は東日本大震災発生から1年、様々な思いが行き交います。


我が主人はランナーにエントリーこそしてはいませんが、クリーニング屋さんが有志でチャリティー活動のために作られた“クリーニングチャリティーTシャツ”を着て前日に走っていると、足を止めて話しかけてくださる方がおられたり、デザインの力強さをほめてくださる方がいたり。
改めて当時の思いは生き続けているのだなと強く感じます。

チャリT1チャリT2

 

クリーニング屋さんといえば、この季節は様々な学びを兼ねたイベントやセミナーを多数開催、参加されます。
当ブロガーの方々の中には、地域の垣根を飛び越えてチャリティー活動の一環として趣向を凝らした消費者感謝祭を明日開催されます。

とてもユニークな試みで、日本各地のクリーニング屋さんにも伝播していけばいいなと思っています。

 

・・・・・・・・・・

さて、今回のテーマは【イベント】です。

 

社会人になってからイベントに縁がありまして、様々な催し物に関わる機会があります。企画や進行も楽しい作業ですが、一番好きなのは準備と後片付け(笑)。
作り手達の思いを感じ、その先に待っていてくださるお客様の様子を想像しながら形にしていくプロセスと、“祭りの後”に感じたこと、聞こえる声を拾いあげて次回に結び付けていく作業は、裏方だからこそできる、明日につながる配線だと思うと自然と力が入ります。

 

作業に入ると、いつも過去の様々な経験を思い起こすのですが、
その中で一番大変な時に思い起こすのが、やはり新人時代の経験。
その中で忘れられない事のひとつに『おつり事件』というものがあります。

 

それは数万人が来場した大イベントでした。

 

私は受付係。そして事件は1240分頃にやってきました。

ある飲食店ブースの方が困った顔で受付へ・・。

 

「用意したおつり銭が足りなくなった。両替できないか。」

 

つり銭は各ブースで準備することになっていたので、他へ問い合わせてみることになったのですが、実はどこも足りない状態・・。そのうち困ったことに『受付の女の子が両替に対応してくれるようだ』と間違った情報が流れ、10分後、私の元にお札を持ったお店の方が殺到。

 

その日は土曜日。銀行もなく、周辺にコンビニもお店も・・ない。

 

結局、ひたすら謝って、お客様になるべく小銭をだしてもらえるよう協力を呼びかけて・・と対応を考えている時に、男性が声をかけてきてくださいました。

 

「良かったら両替しましょうか。」

 

・・神様に見えました。

しかも数万円の両替が可能とあって、後光が差してみえました(笑)

 

すぐにお店へ走ってとりまとめをし、いざ両替。

ところが躊躇してしまったんです、その両替。

 

なぜなら、その方の取り出したお金は・・ピカピカに光ったきれいなお金ばかり。

銀行でわざわざ交換されたものに違いありません。

 

どうしても受取る手を差し出せないでいると、

 

「大丈夫。僕も商売をしています。あなたが、おつりのことでお店の売上げが減ったり、お客さんが好きなものを買えなかったりしたらどうしようと心配しているのがわかったから声をかけました。どうぞ使ってください。」

 

おかげでお昼時のピークの時間をしのぐことができ、
後日、過去最高の売上げを記録していたことを聞かされました。

 

改めて、その方にお礼が言いたい。でも・・どこのどなたかわからない。

 

あまりの混雑と混乱の中だったため、お名前を聞く前に帰ってしまわれていたのです。なんとか手がかりを・・と、その時の状況を思い返すうち、イベント関係者と話をされていたことを思い出しました。

 

思えばとても変わった会話でした。

 

「また、お金を洗っていたのかい?」

「そう、いろんなものを洗いたい性分でね。」

 

問合せてみると、その方はクリーニング屋さんであることがわかりました。「内緒にしてくれといわれたんだけどね・・」と、翌日のイベントにも、つり銭不足で困っていないか様子を見に立ち寄ってくださったことを告げられました。

 

なんて親切な方なんだろう・・連絡先を教えてもらい電話をしました。

お礼を言い、やはり気になるので質問してみました。

 

「あの・・クリーニング屋さんって、お金も洗うんですか?」

 

クリーニング屋さん、大笑い。

 

「実はお店がとても暇でね、洗うものがないから仕方なくお金を洗っていたんだよ。」

 

暇というのは明らかな嘘。
その期間は衣替えの繁忙期でしたので、
ますます気になります。
しつこく食い下がっていると、電話の向こうでお客様が来店された様子がわかりました。



「ごめんね、電話、おくね。」

 


そういって、電話を切られ・・るはずが、受話器を机の上に置かれて行かれたようで、電話の向こうの様子が聞こえました。

 

お客様との会話が聞こえてきて・・そのやりとりの様子からお金を洗う理由の一端に気づかされました。

 

その理由は・・きっとお客様にも知らされていない、さりげない心配り。

 

しばらくして電話口に戻ってこられ、こう言われました。

 

 

「おっと、電話を切るのを忘れていた(笑)。今日はありがとう。うれしかったよ。」

・・・・・・・・・・

 

結局、クリーニング屋さんの口からは真相を聞けずじまいでしたが、
あの時生まれた気持ちはいまも継続して心の中で生きています。

 

みなさんも人生の中でたくさんのイベントを経験されることと思いますが、
イベントというものは決して一過性のものではありません。
主催する側にも、参加する側にも、心があります。
心をかよわせて一つの空間を作り上げ、次に向かって育てていくものだと思います。

 

春は特にイベントの多い季節です。

どうか素敵な出会いがありますように。

これからの心の糧となるものがあなたを待っていてくれますように。


・・・・・・・・・・

 

以上、お釣の中にきれいな100円玉を見つけてうれしい カジコ でした。


春のイベントと言えば・・・
 本日は京都からYossanがお届けしま〜す


イベント、イベント、イベントこの時期の一大イベント

と言えば”入学式””卒業式”ではないでしょうか?

桜満開の校庭での入学式

うちは昨年、娘達が晴れて小学校入学で

入場行進で入ってくる娘達を見たときは

胸にぐっと来る物がありました


前日までにびしっとプレスしたシャツとスーツ

磨き上げた靴で式に臨むと

身が引き締まる思いだったのが昨日のようです


実は今年の入学式にも出ることになりました

別に年子の子どもがいるわけでは無いのですが

今年のPTAの会長を務めさせていただく事になり

入学式に我が子はおりませんが、

壇上より出席いたします(笑)



この前も今期の役員さんとの初顔合わせがあり

学校へ行ってきたのですが


私がクリーニング店を経営しているとわかるなり

お母さん方から質問の嵐(笑)


まぁそれだけお洗濯に関心を持っていただいてるんで

良いことなんですが・・・


家庭で何でも洗ってしまおうというお考えの方が多く

それは洗えますが型崩れしたり、風合いが台無しになりますよと

何度もお話することの多いこと(>_<)


世の中がこういう状態ですので、出来るだけ節約してというのは

解らない訳ではありませんが

やはり家庭洗濯の何度かに一回はプロの手を借りて

きちっとお手入れされた方がいいですよとお伝えしました


又、衣替え仕舞い洗いのお話になり

あんまり着てなかったから、出すタイミングを逃したから

陰干しして、そのまま片付けたと言うのもお聞きしました(T_T)

汚れの留年は何一つ良いことがありませんよ


やはり節目というのは大切です

学校での行事もクリーニングも然りです、

お洗濯も季節の変わり目にしっかりプロがメンテナンスすることで

次のスタートの時に、感動が生まれるのではないでしょうか?


桜咲く入学式のように・・・・

今回は壇上で入学式のスピーチが上手く話せるか

ドキドキしている、京都のYossanがお送りしました


クリーニング店のしみ抜き技術をお知らせしたいのです!
 大阪の「クリーニングショップ中村」店長のBOSSこと、中村安秀です。

今回のテーマは「行事。イベント」ですね。
では、イベントで〜〜!

イベントって言えるのかな?

私は大阪の同業者達有志で「衣料のシミ抜き専門店 しみぬき屋」という
グループの代表をしています。

主にフリーマーケットに出店し、フリマで今買った衣料に付いている「シミ」を
その場で、お客様の眼の前で取ってしまうんですよ。

さらに「料金無料!!」なのです。

どうして無料なのか?と言いますと、

この活動は、消費者の皆さんに「クリーニング業の素晴らしさ」
「クリーニング屋も頑張ってるんですよ」 「プロの技術のレベルの高さ」等を
見てもらって、納得してもらい、クリーニング業のイメージを少しでもアップさせ
ご利用に繋げて行きたいという思いから始めたんですね。
なので、そこでお金儲けするなんて気持ちは皆無です。

では、その様子をご紹介しましょう。

主な出店場所は 大阪花博記念公園、
兵庫県尼崎アマドゥのフリマです。


タープを張ってやってますよ。





お客様に「ガン見」されながらのシミヌキは慣れないと
緊張してしまいますね。
でも、みるみる綺麗にシミが落ちて行く様子を見ると
皆さん「すごい!!」「魔法みたい!!」と感嘆の声を
あげてくれますよ〜。


クリーニングについてのアンケートもお願いしてるんですよ。
消費者の皆さんの「生の声」は宝ですからね。


これが私です(^^ゞ
大阪の奥様の厳しい視線に動じることなく
プロの技術を、披露しています。

クリーニング業界では、こういった活動が全国でも
行われています。

シミが付いていて「困った」のなら、是非クリーニング店に
問い合わせて見て下さいね。

では、では。

WEB講習
バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Re、川畑です。

今回のテーマ「行事・イベント」という事ですが、イベントといえるのかどうかわかりませんが、今、僕がやっている「WEB講習」についてちょっと書こうかと思います。

今、東京のクリーニング屋さんの集まりで、「東京しみぬきクラブ」という勉強会に参加しているのですが、以前からクラブ内の親しくしていただいている先輩方から「ホームページってどうやって作るの?」とか「作り方教えて!」なんていわれてまして、僕もけして作るのうまくは無いのですが何件かHPも管理してますので、「僕が出来る範囲なら有償で講義しますよ」って事でWEB講習することになった次第で(^_^;)

ま〜お金をとってやるような事ではないんですけど…


みなさん忙しいし、場所違いますから集まってやるわけにも行きませんので、スカイプでみんなでつながって多人数でわいわいしながらやってます。

僕のパソコン画面を同期して、みなさんのパソコンでみてもらいながらやり方を教えて、同じような感じで皆さんにやってもらう。

人によって、WEB知識もまちまちですから、進み方も違いますが、みんな必死でがんばってます。

今、3回目まで終わって、みなさん個別で自分のHPを作っている感じですかね。

みなさん忙しい仕事をこなしてから夜な夜な、スカイプでわいわいやってますが、最後の方になると寝落ちしてしまう方とかもいて(笑)

でもね、出来ない事でもみんなでやると楽しいですし、励みにもなりますから良いと思うんですね。


まだまだこれからでしょうけど少しでもいいものが出来て、参加者のプラスにならば、僕もお手伝いができてよかったとなるのですが。
どうでしょう?

それはまだ、先のお話( ̄ー+ ̄)キラーン



イベントといえば(笑)
野外イベントになると料理長になるaraihariyaです。

クリーニング業って実は、人のイベントの縁の下の力持ちって要素が多いです。
uniさんが書かれていたマラソン大会の給水所のテーブルクロスもそうですね。
後はプロゴルフのトーナメントで使うスタッフの制服なんかもです。

もうすぐお子さんのいる皆さんには、ドレスアップの大変な時期がやってきます、卒業式、入学式のシーズンです。
一般クリーニングの仲間の店には大人の礼服に混じり、小さなドレスや背広が釣り下がり始めます。
我々リネン系業者はテーブルクロスやテーブルナフキン、キッチンタオルや調理服のクリーニング
の量が増えてきて今年もこのシーズンになったなあと気づくんですが。

式があるとその後に食事をするのが多いと思います、終わって脱いだ服は是非クリーニングに
お出しください。

テーブルクロスなんかもそうなのですが、温度と栄養と湿度のバランスが良いと3日程度で
間違いなくかびます

具合によっては再生不能の判断をして廃棄してしまう場合がありますが、リネン品だから
できる芸当で小さなドレスや背広はそうはいきません。
思い出を長くしまっておくためにも汚れたように見えなくてもクリーニングしてから収納してください。

今日も調味料の汚れと格闘中のaraihariyaでした。


鎮魂の想いを込めて
 2011年3月11日

東日本を襲った大地震から1年・・・




今年も3月11日はやってきます。
毎年毎年・・・




きっと日本中でそれぞれの想いを込めた
鎮魂祭が催されることでしょう。





阪神・淡路大震災
中越地震
中越沖地震
東日本大震災





そのたびに日本人はひとつになり助け合い乗り越えてきました。





亡くなった人たちの想いも
生きている人たちの想いも
この記憶をいつまでも忘れずにいたいとおもいます。








新潟でも復興チャリティーイベントが催されます。
私も関わっているのでちょっと告知をさせてください。

3月11日(日)
新潟県村上市瀬波温泉
ホテル瀬波観光さんで県内5組のアーティストが音楽に想いを乗せて演奏します。
当日は義援金箱も設置されるほか
協賛店の出店もあります。
義援金と収益の一部はあしなが育英会に寄付され
親を亡くした子供たちのためにつかわれるとのことです。

詳しくは ホテル瀬波観光 電話02-5452-7000にお問い合わせください。
音宿

バルーンアート
  こんにちは! 本日は武蔵小山のクリーニング屋、nonakaが担当致します。 

今回は  「行事・イベント」がテーマ。

私、先週末に長野で行われたセミナーに参加してきまして、そこで教わったバルーンアートにすっかり魅了されてしまいました。

講師はTV等にも出演している大先生。
そんな恵まれた環境で教わった訳ですけど、講師の先生を見ていて一番感心したのはスピードや形の美しさもさることながら風船に命を吹き込む瞬間にすっかり目を奪われてしまいました。

初めて作ったワンコ。まあまあの出来でしょ?


帰ってきてからもせっせと練習中。

近い内にバルーンアートのイベントを立ち上げてお子さん連れのお客様にプレゼントしたいと思います。


========================================

東京都品川区でクリーニングを生業とする二代目。
NHKいっと6けん「家庭で出来る簡単洗濯術」を担当しました。
家庭用染み抜き剤のテレビショッピングにも出演しています。




クラブ臭・ライブハウス臭

どうもです。原です。

「行事・イベント」がテーマとのことで。

 

本来はタイミング的には「東京マラソン」とかなのかもしれませんが、運動嫌いの僕としてはあまり興味もなく。という訳で、プライベートなネタから切り込みたいと思いますw

 

えーと、僕は音楽が好きなのですが、ロックやヒップホップやR&BJAZZやハウス・テクノなど、割とジャンルに関係なく色々聴きます。

 

で、中でも高校の頃に初めて聞いた「電気グルヴ」という日本を代表するテクノユニットがいるのですが、その流れでテクノミュージックにハマっていきました。そして、大学に入るとアルバイトして溜めたお金でターンテーブルとミキサーを購入し、DJを志すようになりました。志すというのは嘘ですが(笑)、とにかく曲を繋いでいく中で、あたかも違う曲かのように変化していく音にテンションがアガる訳です。それを自分でもやってみたいということでDJを始めてみたのです。

 

DJといえばいわゆるクラブカルチャーと切っても切れない関係ではありますが、そんな僕も当時からクラブに遊びに行っていたり、自分でもDJイベントに参加したりしていました。厳密に言えば今でもDJは細々続けているのですが、何処でやっているのかは…ナイショです。。

ところで、クラブというと、どうもドラッグがどうのこうのみたいな話を社会的に紐付けたがるようですが、一切そんな危ないことは当然無く、スピーカーから鳴り響く音に身を委ねる訳です。

 

で、ようやく本題なのですが(笑)、クラブやライブハウスに行くと、大体着ていた服が臭くなるのです。

大体というかほぼ100%です。タバコの臭いやお酒の臭い、そして汗の臭いなど、それはそれはもう不愉快極まりないのですが、イベント中はそんなこと一切気になるはずもなく、終了後外に出て早朝の電車の中で睡魔と闘いながら座っていると、ようやく「あれ俺臭くない?」と気付く訳です。

そこで、人によっては、消臭スプレーをシュッシュッとやって臭いを消して一件落着と思っている方もいるようですが、それは思い込みであり誤解です。

「臭い成分」は誤魔化せても、「汚れ成分」はしっかり残っている訳です。このあたりの詳しい話は、ココのページを参考にして下さい。消臭スプレーで汚れを洗い落としてるなんてことはありえないですからね!

 

クラブにいる人達は、オサレな人達が多いですが、だからこそ、そこは衛生面も気を使って欲しいところです。


4年に一度のイベント
こんばんは!洗濯アドバイザーの中村です。

今回は、「行事・イベント」がテーマでバトンを受けました。


このタイミングで、バトンが回ってくるとは・・・
4年に一度のあれを書かずにはいられませんね〜


4年に一度といえば、オリンピック、ワールドカップが大きなイベントですが、
僕にとっては4年に一度といえば、うるう年です。


というのも、じつは僕、1984年の2月29日生まれなんです。
いろんな書類には都合上3月1日生まれと書くのですが、28年前の2月29日に生まれました


4年に一度の誕生日には、例年よりも多いお祝いのメールが送られてきたりします。
4年に一度は、思い出しやすいんでしょうね(笑)






4年前の2月29日は何してたかなぁ〜と思い返してみると・・・・


あ!はじめて「洗濯王子」と呼ばれたのが4年前の2月29日でした。


当時、フジテレビの番組にハピふるという番組があり、
その番組のディレクターさんに名づけられたのですが、
そこから4年間を振り返ってみると、非常に多くの洗濯のお悩みを聞いてきました。


これから4年後、まだ洗濯王子と呼ばれているかはわからないけど、
同じように、洗濯を通じて多くの人のお役に立てていたらいいなと思います。










秋吉台の山焼き
 ようこそ洗濯の扉へ

山口県で家族でクリーニング店を営んでいる細川です。

今回のテーマは「行事・イベント」

今時期の山口県での行事は「秋吉台の山焼き」でしょうか。

「美祢市観光ガイド・カルストドットコム」


秋吉台は山口県のほぼ、ど真ん中に有る景観の美しいカルスト台地

このカルスト台地を真っ赤な炎が焼いていくのであります。

この光景が、迫力が有って素晴らしいのです。

(・・と言いつつ、恥ずかしながら私も、まだテレビニュースでしか見てないのですが


昔は、牧畜のために枯草を燃やして台地を肥やし柔らかい草を飼い葉に、

していたそうです。

目的は他にも「草原の維持のために高い木を生やさない」や

「山火事を防ぐ」などでした、今は観光イベントの色合いも濃いようです。

このイベントが終わると、春が来る!と感じる山口県人の私です。

ところで・・

春を迎える皆さん冬のオシャレを楽しんだあとは

「傷みやシミの無いキレイな服の維持」のためにクリーニング店で、

しっかりメンテナンスして来シーズンのオシャレに備えましょう

これも大切な春のイベントですよ












<< | 2/3PAGES | >>