洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

試験十色
バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Re 川畑です。

今回のお題は「 受験(試験)勉強 」ということですが
自慢じゃないですが、したことがありません。

中学で初めて「偏差値」計ったら、測定不能ぎりぎりでした(笑)
もーかなりやばいですね。
そんな僕でもいきていけるのだから、アタマが悪くても「あきらめないで!」受験生!


試験と言うと、僕はパン職人してた時代、3回転職してますので中途の入社試験は多分人より多く経験しているのでは無いでしょうか?

パン職人の先輩に言われた事ですが、パン職人は大体1つの店に3年居て修行するのが目処だと言われます。
(もちろん1つの所でがっちり修行される方のいるでしょうから、個人差はあるでしょうが…)
2年で仕事吸収して、1年恩返しみたいな  クリーニング屋でもありますよね。

そのつど、スキルを身に付けて、また自分を売り込む!
まさに職人の世界ですね。

僕も例に漏れず、大体3年周期で転職してました。

4件目では「店長」とかもやらしてもらってましたし、給料もそれなりにはなってましたので、人並みにはステップアップできていたのかな〜とは思いますけど…どうなんでしょうね(笑)

だからそのつど、試験してますので、入社試験の経験は豊富です。




確か3件目を探して色々試験を受けていた時の話。

いつも求人情報誌に載ってる店がありまして、待遇も見るかぎり悪くない
なのでためしに受けに行ったんです。

会社に入るなり、社員勢ぞろいで並んでて、怒号のような掛け声で、挨拶してくるんですよ。
も〜びっくりです。

試験も全体朝礼みたいな感じで、試験者全員あつめて「3分以内に自分をアピールしてください」って感じで一人一人立って発表させられるんです。

試験受けに来た人はも〜みんな面食らって、雰囲気に飲み込まれていって、何がなんだかわからない状態で3分間自分の長所や希望を声はって発表します。

前の方の役員さんらしい人たちは、履歴書のコピー見ながら険しい顔で威圧してますし。
サポートで来ているらしい社員さんは「声がちいさ〜い」とまたまた叫びます。

隣の部屋からは、社是や接客7大用語とかが響き渡ります。

も〜、どこかの体育会系の部活か自己啓発系の講習にでも来たのかな?って感じで…
あっと言うまに終了〜!(笑)

へ?試験は?って感じでした。
職人なんだから、腕で評価してくれよ〜とか思いましたが、もちろん不合格(笑)

後で知ったのですが、その会社、業務内容がひどくて、過労死とかもあったとか…
少なからず、パン職人の環境なんてひどいもんですが、そんなとこ入らなくてよかったな〜とか思ったりして…
ま、落とされたんで入れなかったんですけどね(笑)


あと、2件目のホテル系の会社では、パン製造技能士の通信講座受けさせてもらいましたね。
試験は受けなかったけど勉強にはなったかな?


あと試験と言えば、4件目の会社はスーパーの直営のインストアで、スーパー的な講習試験見たいのが何度かありました。

サービスアドバイザーとか、マーチャンダイジングとか、CS(Customer Satisfaction)とか、QC(Quality Control)とか。

まーガッチガチの職人の僕には「マーチャンダイジング?え?それ美味いの?」って感じで、なんのこっちゃってな事でしたが、受けないと昇格も出来ませんし、役職にもつけないって事で色々受けましたね。

当時は必死でしたけど、今となってはいい経験したな〜て感じです。



でもね、思うんですけど、クリーニングってあまりそういう試験って無いですよね。

クリーニング試験はありますけど、とったらとりっぱなしみたいな。

従事者研修はありますけどあまり機能して無いみたいですし…
技能士もクリーニングや染色補正はありますがあまり体系化して無いような気がします。

これだけ経営、技術、営業、運搬と多岐にわたる業務のある職種ですからもっと色々な試験システムや研修制度があっても言いと思いますけど、コンビニより店舗数の多い業界ですからまとめるのは大変なんでしょうね。

制度が無い分、個々のお店の真価(進化)が問われているのかもしれませんね。

職人、経営者、にとってはまさに毎日の仕事が試験です。

サービス業にとっては、日々のお客様との接し方が試験のようなもの。

日々の「試験」の積み重ねが、お店や会社の「価値」や「点数」を決めるのかもしれません。

そういった緊張感の中で「満点」取れるサービスを提供したいものですね。



試験・・・あまり頑張ってないかも
 

本日担当のケビンこと山口です。

 

早いもので年が明けてからもう一ヶ月以上経ってしまうんですね!

 

しかし今年は寒いですね!集配に出る前に車のガラスが凍ってるので解氷剤など使って溶かしていると、学生さんが前屈みで身体丸めて駅に向かって行きます。

もうすぐ受験だろうし身体には気を付けてもらいたいですね!

 

僕自身も20年以上前に受験しましたが、お気楽な感じでしたよ、目指していた学校も無かったし高望みしていませんでした、強いて言うなら自転車で通学出来るぐらいの近い学校でいいや〜なんて思ってましたから。

 

それでも周りの友達が受験受験と騒ぐし神奈川県では中2で「ア・テスト」と呼ばれる内申に大きく関わるテストまであったんですよね、しかも全教科ですよ!美術、や音楽まで筆記テストあったし嫌で嫌でしょうがない記憶でした。

 

受験のときは親も気合いが入っていたのか制服を前日に洗って綺麗にして送り出してくれましたね、そのかいあってか希望通りの高校に入って卒業と同時に家業を継ぎました!

 

試験と言えば運転免許も受けましたね、原付、普通自動車ともに一発合格でした。高校受験より勉強したかもしれませんね(笑)

 

それからクリーニング業を継いで3年目で国家試験のクリーニング師の免許も取りましたが試験っていうのはやはり緊張しました。

 

今後は試験、資格などは取る予定もないのでホッとしているところです。


さあ困った(笑)
 前回からテーマに基づいて書くようになったので苦労しているaraihariyaです。

今回のテーマは受験勉強とか試験勉強のようですが、まともに試験を受けたのは
クリーニング師の試験以来ないですね。

講習会とかはかなり頻繁に参加してますので、講習を受けるのは多いのですが
試験があるものはここしばらく受けてないですね。
とかいうものの、受験シーズンになると合格にひっかけた各種製品などが町にあふれだして
きていますね。

五角形のマグカップのついたチョコレートとか(笑) やはり、クリーニング師の試験が一番大変でした。 なにせ、一般のクリーニングからしばらく離れていましたから、超一夜漬けでしたね、 まあ、無事に受かったのでここに書いているのですが。 クリーニング師の試験は47都道府県毎に試験があります。 国家資格の試験なのですが、各知事が免許の交付者になります。 だから、各都道府県毎に試験も違うようです。 各都道府県のクリーニング組合や保健所に聞いて下さると講習会などがあると思いますので 皆さんも受けて見ませんか。 次のネタに怯えるaraihariyaでした。

ビビッと来ました!たぶん(笑)
 あと2年もすると銀婚式になってしまう
着物 クリーニングのラヴァージュの梶原です。


結婚してから23年ですか
いままでよく耐えてくれました(笑)



今回のお題は「 受験(試験)勉強 」ということですが

これねー、自慢じゃないですが私からは一番遠いお題です(笑)



なんといっても私の試験勉強は一夜漬けか

試験の10分前と決まってたから(笑)




もうこうなると全部覚えられませんw

全てはこれ出そうだなという「 感 」が頼り

「 感 」が当たれば高得点、外れたら追試試験という博打のような勉強?でした(笑)




ということで試験勉強の話は出来ないので

この「 感 」の話でもしましょうか^^;




以前読んだ記事で「 直感 」ていうのは

今までの経験の積み重ねから感じる

「 違和感  」だそうで、結構当てになるそうなんですね。



みなさんもそんなことありません?

これは危険だ!とか、これは美味そう!とかね



もちろん経験値が関係するので

経験のないことには働かないってこと




因みにうちの奥さんに初めて会ったときは

直感でビビッと「この人だ!」って思いましたよ。。。ホントにえぇ…^^;


ただそれが私の経験値と関係してるかは…




謎です(笑)


猛烈に勉強中です。
こんにちは! 本日は武蔵小山のクリーニング屋、nonakaが担当致します。 

今回は  「受験(試験)勉強」がテーマ。ちょうど今の自分にピッタリじゃあないですか。
この時期クリーニング屋さんは閑散期ですので様々なセミナーが目白押し。販売促進・技術系・etc・・・
そんなんで、あれもこれもと申し込みをしていると技術系セミナーだけで10回、販売促進が2回その他に見学やなんやらでもう訳がからない状態(笑)

でもね、自分の生業に誇りを持っているのなら沢山勉強するのは当たり前なんじゃないかなと思うんですよ。星の数ほどあるクリーニング店から自分の店を選んで下さってるんですから、最高の品質をお届けしたいじゃないですか。
考えてみたらこの商売っていつも試験されてるようなところがありますからね。
だから一生懸命勉強するのかも知れません。

4月にとある技術系のテストを受けることになってまして 現在 これに向けて猛勉強中。
いつ以来だろ、こんなに勉強するのは。

頑張りまっす(笑)

========================================

東京都品川区でクリーニングを生業とする二代目。
NHKいっと6けん「家庭で出来る簡単洗濯術」を担当しました。
家庭用染み抜き剤のテレビショッピングにも出演しています。










理解すること

どうもです。東京組合事務局の原です。


「受験(試験)勉強」がテーマとのこと。


かくいう僕も、高校受験、大学受験を経験しました。

中でも大学受験は浪人しないと何処にも入れないぐらいの成績だったので、「どうせ受かりっこない」という気持ちのまま、ミラクル狙いでひとつだけ受験しましたが、当然撃沈、浪人生活のスタートとなった訳です。


しかし個人的には、この浪人生活は人生でも大きな出来事だったと思うぐらい、色んなことを学んだ気がします。


僕は本気で勉強しないと、本当に何処の大学にも受からないぐらい成績が悪かったので、浪人中は一切友達も作らず、一人でひたすら勉強に励みました。

しかし、自分では頑張っているつもりでも思うように成績が上がらず、夏も終わりに近づき、その頃には机に自分で頭を打ちつけるぐらい(笑)気が狂ってました。


結論から言うと、お恥ずかしいことに僕は勉強の仕方が間違っていたようなのです…。もう超絶バカ過ぎて本当恥ずかしいですが。。


つまり、教科書を読んで問題を解いて答え合わせをするという一連の行為で、勉強したつもり、知ったつもりになっていた訳です。何もかもつもりになっていたので、当然模擬テストでは間違えたり、答えが思い浮かばない訳です。何故こんなことになってしまうのか。


要するに「理解して覚える」という当たり前のことが出来ていなかったのです。


理解するということは、生活するうえでもとても重要なことは言うまでもありませんが、人は時に、関心の薄い対象には適当に考えてしまったり、自分にとって都合の良い勝手な解釈で誤解をしたまま過ごしたり、無関心さから理解しようという意識さえ働かなくなったりするように思えます。

つまり何が言いたいのかというと、理解をしなければ正しい判断が出来ないということです。受験であれば、正しい回答が出せない訳です。そして理解しないことは損になるという考え方も出来る訳です。


クリーニングの利用方法や店選びも、知ってるつもりのままではありませんか?または、そもそも無関心だったり!?それは損です。

更に、我々はクリーニングの仕事に携わる人たちに向けて、どの程度汚れ落としの技術や仕上げの技術を理解しているのだろうか?と疑問を持つことも必要かもしれません。

その理解度を測る方法として一番良いのは、納得出来る説明が出来るか?ということです。説明が出来ないのは自分の仕事を理解していない証拠だからです。

本人が理解していないことをやらされるほど怖いものはありません。


話が長くなってしまいましたが…何事もちゃんと理解することが正しい答え(判断)に導いてくれるというのが、僕が受験で教わったことの一つでもあります。

あ、最後に…一応受験では本命は残念ながら落ちてしまいましたが、なんとか次に希望する大学にギリギリ入れましたw


試験の前の合格方程式
こんにちは!洗濯アドバイザーの中村です!

今回は、「受験(試験)勉強」がテーマでバトンが回ってきました。


僕は、個人でもブログを持っていますが、
そちらのブログには、洗濯方法について調べたい人が多く訪れてくるんです。



先日も、Twitterにこんな書き込みが・・・・。


>今さらだけどワイシャツやブラウスの洗濯方法がわかんない。
>漂白剤や糊使ったことない…面接とか始まったらシャツくらいピシッと
>せねば、とは思うものの…洗濯王子のブログ読むか(*ФωФ)



僕のブログを読んで下さるのはとても嬉しいのですが、
個人的にはこのような場合は、クリーニング屋さんにお任せすることをオススメします。



というのも、ワイシャツやブラウスをキレイ洗って
キレイにプレスするのってけっこう大変。
時間もかかりますしね。

見栄えも、クリーニング屋さんにお願いしたシャツと、
自分で洗ったシャツでは全然違います。

面接の担当の方なんかには、その辺りはバッチリ見抜かれるでしょう。

●とりあえず洗ってあるシャツを着た人

●ビシッとクリーニングされた服を着た人


スタートの時点で、すでに差が出ますよね。


試験や面接前の時間は、とても貴重ですし、
試験や面接の対策にしっかり時間を使う方が何倍も効果的。


試験や面接の対策はバッチリして、
服はビシッとクリーニングされた服を着る。


これが合格方程式でしょう!





今日は、洗濯アドバイザーの中村が、お送り致しました!!






桜咲く
 ようこそ洗濯の扉へ

山口県で家族でクリーニング店を経営している細川です。


つい先日ウチの子供が大学に合格いたしました〜

本人も我々夫婦もホッと胸を撫で下ろしております。

矢吹丈との戦いを終えた力石のように「終わった・・」と言いたい気分(笑)

しかし、よく考えてみると我々親にとっては、これからが始まり・・

まだ「真っ白」に燃え尽きている場合ではないのであります。

子供には、一足早い春が訪れて桜が咲きましたが

我々にも本当の春が来て仕事が忙しくなってもらわないと

これまでは子供が頑張ってきましたので、今度は親が仕事を頑張って

勉強の後押しを、してやらねばなりませんからね

考えてみると親にできる事って少ないですよね〜

ウチの場合、福岡の太宰府天満宮、山口県内の防府天満宮にお参りし合格祈願

あとは、ひたすら仕事に励む(笑)

受験生の皆さん頑張って下さいネ!桜咲く春はもうすぐです



う〜む・・まずい・・クリーニングにつながること無く終えてしまった






受験シーズン
 おはようございます。こうたろうこと北川 昌彦です。

先日、兄の家に行ったとき、
甥っ子がだるそうに眠そうにコタツで寝ていたので

「なにやってんねん!だるそうやな!」

と、声を掛けたら、

「昨日、遅かってん」

すると、お姉さんが

「もう、受験勉強もクライマックスやねん」

そうか、甥っ子は中3、今年高校受験なんだ・・・

「ちゃんと、神さんに頼んどかな、受からんぞ!」
「おっちゃんが、受かるように受験前日に制服洗っといてやろうか!」

と、クリーニング屋らしく、冗談を言ってみると

「おっちゃん、頼むわ!」
「もう、藁にもすがる気持ちや〜」

冗談で言ったけど、甥っ子は本気だな!

甥っ子の中では、一番上なので、これで、気持ちよく受験して受かってくれたらジンクスになるかも・・・

「よっしゃ!きれーに洗ったる!」

と、調子よく帰ってきたのですが

なんとなく、ずっと気になってました。


年始、お客様に年賀状を出すため、郵便局に行くと


こんなのがありました
http://www.jp-network.japanpost.jp/kitmail/

キットメール
というそうです

思わず送ってあげました

かなりうれしかったようでお礼のメールがすぐに届きました

しっかり志望校に受かりますように。。。。

「お受験」の意気込み?

おはようございます
本日担当のuniです。


さて。

テーマにそってブログリレーが行われていますが、
今回のテーマは『受験(試験)勉強』です。


私は、自身も・家族も受験にはいい思い出が少なく
昨日の
村山@京都さんのような成功談は書けないので。。


どうしましょ?(笑)


ということで、少々思いで話にお付き合いくださいませ。



今は昔、、、はるか昔。(苦笑)

ワタクシにも「花の女子高生」と呼べるであろう頃が確かにありました。

私が通っていた当時の学校の制服はブレザーにひだスカート。

「ひだスカート」とはプリーツスカートのことで、
車ひだ』と呼ばれる、プリーツが一方方向に折られているタイプです。

車ひだ

プリーツの数が16、20、24、28、32と種類があり、
一般的なものは24本です。


私の学生時代当時は丈の長いスカートが流行で(笑)、
私も膝下(膝上じゃあないですよ(笑))15cm位のを着用していました。(笑)

・・・今から思うと、かなり長いですよね。



ところでこのプリーツスカート、
着用しているとひだが取れて(開いて)くるのです。

男性でもズボンプレス線があまくなりますよね、
そんな感じです。

そんな時は『寝押し』の出番でした。



寝押し(ねおし)・・・ご存じでしょうか?


寝る時に敷布団の下にスカートのひだを揃えて敷き込み、
その上に寝ることによって、自分の体重で!プレス出来るというスゴ技!
究極の!エコシステムですよね。(笑)


・・・ただし、ひだを揃えるのが意外と難しいんですよ。
手間もかかります。

手間、というか、根気が必要です。



話を本題に戻しますと。(笑)



受験・・・私の頃は「センター試験」ではなく「共通一次試験」というものでした。

これも昨日担当の村山さんが書かれていますが、
月日の流れを実感しています。(笑)

調べてみますと、共通一次試験は1979年〜1989年に行われていて、
変更期間の後、センター試験に移行したようです。


指定の大学にあちこちから試験を受けに行くのですが、
私はと言えば「ここぞ!」とばかりに前日に『寝押し』をし、
ちょっとプリーツ線のずれた(笑)スカートをはいて
気合いを入れて!臨んだのでした。


・・・受験会場を見渡すと、ほとんどが私服だったというオチ。



2日目は私服にて気軽に臨んだためか、

はたまた、


もう一度しっかりクリーニング(ドライクリーニング+ウェットクリーニング+抗菌加工)、そして念入りにきっちり手地上げプレスで仕上げ、

これで汚れと厄はしっかり落としたから大丈夫だ。一から新たな気持ちで行け!」 】 

日のブログより)


っていう状況でなかったためか(こういうのを「自分勝手な責任転嫁」という
めでたく?撃沈しましたとさ。


今は、プリーツやズボンも「折り目加工」をしてくれるクリーニング店がありますから、
決める時は“ビシっっ”っと決めて、

そうでない時もやっぱり決めて(笑)

気持ちよく着ましょうね



追伸です。

今は、こんな可愛い制服のスカートもあるのですね。

スカート

こんなスカートならミニ丈でも・・・?・・・無理かな。




<< | 2/3PAGES | >>