洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

クリーニングの最低品質を考える。

皆さん、おはようございます。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

ちょっと難しい話になりますが、クリーニングの最低品質ってなんでしょう?

最低品質って、クリーニングに出したら最低この状態で返ってきてほしい、というものです。

クリーニング屋さんに聞いて回ったことがあります。

返ってきた答えはこちら。

 

 

白くするのが当たり前でしょう!

難しいしみ抜きの手前までは当たり前に。

汗は当然落とすものだよね。

 

クリーニング屋さんらしい答えです。

クリーニングの仕事は汚れを落とすことですから、当然どこまでは当たり前のように落とす、という所に基準を持っている人が結構いらっしゃいます。

 

 

最低品質を、別の言葉に言い換えたら。

これ以下の品質では返さないでね、という言葉になると思うんですね。

すると、また答えが変わってくると思うんですよ。

 

 

僕の考えるクリーニングの最低品質とは。

 

 

預かった時と同じ状態が最低品質だと思うんですね。

 

 

それではクリーニングの仕事をしていないじゃん!とおしかりの言葉を受けるかもしれません。

そうではないんですよ。本当の最低品質は、現状のままお返しすることだと思うんですね。

 

 

何事もなくきれいになってくれるのが一番です。

でも、実際はそうでない事がよくあるようですね。

クリーニングに出したらおかしくなって返ってきた、そういう話を耳にすることがあります。

ボタンが欠けて返ってきた、表面がおかしくなった、風合いがおかしくなった。

 

これって、元の状態ではなくなっている、という事なんです。

 

汚れは落としてほしいですが、衣類そのものは壊してほしくはないんですよね。

すると、汚れを落とすことと、衣類を壊さない事を、どちらが優先かな?と考えると、衣類を壊さない事だと思うんですよ。

 

衣類が壊れていなければ、別のクリーニング屋さんで試してみる事が出来ます。

他のクリーニング屋さんならきれいにする事が出来るかもしれません。

 

 

衣類を壊さず返ってくるのはどこのクリーニング屋でも当たり前、汚れ落ちは各お店の腕の見せ所。

どうやってきれいにするか?がクリーニング屋の勝負するところですから。

 

だから、現状のまま帰ってくるのが最低品質だと思うんですね。

 

だからと言って本当にどうしようもないときの判断で、普通は汚れを落として返すんですが・・・・・。

 

 

今までは、壊さないで返す、というのが非常に難易度の高い要求だったんですね。

高度なクリーニングの知識を必要とし、色んな衣類を扱った経験を持ち、それでも事故が起きてしまう事がありました。

その理由の一つiに、取扱い表示がクリーニングに対応していなかった、という事があります。

今までの表示は、家庭洗濯についてのみ書かれていて、クリーニング店での処理は何も保障されていませんでした。

表示も適当で、信じてやったのに、というのがたくさんあったんですね。

 

 

それが変わっていきます。

 

 

12月1日から、衣類の取扱い表示が変わりました。

皆さん、ニュースやネットですでに見た方もいらっしゃると思います。

今までの表示と少し変わるんです。

でも、中身はかなり変わっていて、相当便利になっているんですね。

 

 

まず、クリーニングに対応!

これからは僕らも参考にして洗う事が出来ます。

 

さらに!製品でのテストをしたのちに表示を付けるので、表示通りに洗えば事故が起きない事を証明してくれています。

上限表示、と僕らはいっているんですが、ここまでの洗い方なら問題なく洗えますよ、というお墨付きの表示。

 

ね、便利でしょう?

 

 

これからはぐっと事故は減っていくと思います。

安心してクリーニングもご利用くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢


就活のスーツは洗う?洗わない?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

昨日、仕事をしていてちょっとびっくりするようなものを見てしまいました。

 

 

就活中に、スーツをクリーニングしない人が40%もいる、と。

 

 

最初、この記事を読んだ時にかなりびっくりしました。

というのも、就活中のスーツは基本クリーニングしているものと思っていたからです。

 

 

うちのお店では、就活中の学生さんがよくご来店くださいます。

明日、面接があるのでお願いします、なんてよく言われていまして、こちらも、じゃあ気合い入れて仕上げるか、なんてやり取りをしていました。

当店でクリーニングすると、面接に通るなんて噂も立ったりしたこともあります。(笑)

 

記事を読んでいると、洗う暇もなく就職が決まってしまった、なんていう話もあるので、それはそれでいいことだな、とは思います。(笑)

 

 

でも、やっぱり、自分の人生を決める大事な就活中です、スーツは常に洗ってびしっとした状態で着てほしいな、と思います。

アイロンのかかったスーツはそれだけで、見栄えが全然違うんですよ。

びしっとしたスーツを着ている人と、そうでない人とでは、見た目の印象が全然違いますからね。

 

 

内面を見てもらいたくても、どうしても人は見た目から入ります。

内面を見てもらうために、外側のスーツはしっかりとしたいものです。

 

 

最近は、家で洗えるスーツというものも出ています。

ではクリーニングと家で洗えるのとどちらがいいのか?

家で洗えるスーツは、自分で洗っても極端なしわが出来ないように作られています。

一見、便利で良さそうなんですよね。

着用してすぐ洗えるし、衛生的です。

でも、クリーニングは、仕上がりの品質が全然違います。

 

きちんとアイロンのかかったスーツは見違えるほど、高級に見えます。

こんないいスーツ買ったっけ?と思ってしまう位、クリーニング屋さんで仕上げるときれいに見えるんですね。

 

スーツがそういう状態で仕上がっていると、着ている人もものすごく好印象に見えるんです。

就活中のスーツ、クリーニング代が多少もったいないかな?と思わなくもないですが、クリーニング代くらいでイメージがよく見られるのなら逆に安いですよ。

 

 

アンケートには、そんなに汚れていないから、というのもありましたが、そういう問題ではないんですね。

就活中の場合は、汚れていないから洗わない、でのはなくて、びしっとさせるためにクリーニングを利用するんです。

 

大事な時は、ぜひクリーニングをご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


もう少しいいクリーニングを探しませんか?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

この数年、宅配クリーニングの利用者がぐっと増えています。

宅配クリーニングとは、宅配便を使ったクリーニングの事で近年利用者が増えてきていました。

一袋いくらとか、保管付きでいくらとか、まとめていくら、みたいなやり方が多いようです。

 

リーズナブルな価格、いつでも出せていつでも受け取れるという使いやすさから利用者が一気に増えていったんでしょうね。

おそらく、クリーニングに縁のなかった人も、ご利用されたんではないでしょうか?

 

クリーニングを利用してみていかがだったんでしょうか?

 

 

自分で洗うよりもきれいになった、楽ちんだった、これだったらもっと早くから利用すればよかった、そんな感想を持った方もいらっしゃると思います

そして、こうも思った方がもいるのではないでしょうか?

 

 

もう少しいいクリーニングを利用してみたいな。

 

 

 

リーズナブルで利用しやすい宅配クリーニング。

使ってみて不満が特にあるわけではないけど、世間でよく言われているいいクリーニングってどんなもんだろう?何が違うんだろう?そう思う方もいらっしゃると思います。

 

 

もっときれいになるのかなあ?

 

もっと気持ちいい肌触りになるのかなあ?

 

 

はい、そうなんですよ。(笑)

クリーニングってすごい!と思う事が出来ます。

 

 

ただね、皆さん口をそろえて言うのが、いいクリーニング屋さんがどこにもない、という事。

チェーン店を探すのは割と簡単なんですが、他のクリーニング屋さんを探すのは結構難しいみたいです。

クリーニングのいいお店を紹介しているようなサイトはないですしね。

 

では、どうやって探すか?

 

 

 

皆さんの周りにも絶対いいクリーニング屋さんはあるんです。

それは間違いありません。

ただ、そういうお店ほど宣伝もしていませんし、表通りになかったりします。

 

 

ではどうやって探すか?

 

 

周りのお友達を見てみましょう。

 

 

何度も着ているのを見ている服なのに、いつも綺麗だなあ、と思ったりしませんか?

それは、汚れてないんじゃなくて、いいクリーニング屋さんを知っている、という事。

思い切って、どこのクリーニング屋さんにお願いしてるか?聞いてみるといいです。

 

 

また、近くに聞ける人がいないときは?

 

 

グーグルマップを使いましょう。

自分の家の周辺の地図を表示させて、クリーニングで検索をします。

すると、クリーニング店が何店か表示されますね。

そこで、同じ名前のお店は除外するんですよ。

チェーン店である可能性が高いので。

それ以外のお店に行ってみてもいいと思います。

お店まで行けば、どんなお店かわかりますから。

 

たいてい良いクリーニング屋さんは、そこでクリーニングをしている事が多いので、機械設備をされています。

アイロン台があったり、大きな洗濯機があったり、しみ抜き台があったり。

それらを参考にして頼んでみてもいいですよ。

 

 

クリーニングを知った今、もうちょっといいクリーニングを探してみませんか?

皆さんの近くにもきっとあるはずです。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


今年はカビが多いですよ。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

 

今年は多いみたいですよ。

なにが?って、カビが生えている服が。

 

 

クリーニング屋さんには困っている方がたくさん見えるんですが、お医者さんのように今何に困っているか?その時一番の旬の問題が集まってきます。

 

どうやらそれが今年はカビのようです。

 

 

今年、9月があまりにもひどすぎました。

天気が悪すぎたんですよね。

そして、雨がとても多かった。

 

カビが生えるには条件があります。

 

 

水分があること。

気温が高いこと。

栄養分があること。

 

 

栄養分とは汚れです。

服が汚れているとカビが生えやすくなります。

なので、洗ってからしまいましょう、と呼びかけているわけですね、クリーニング屋さんは。

仕舞っておいて汚れたままだとカビが生える原因になってしまうので、その原因を取り除きましょう、と呼びかけています。

 

 

水分は湿気です。

今年は台風が多く着て常に雨が降っているような感じでした。

湿度も常に高く、あれだけ高い日が続くとそりゃ影響も出ます。

今年は天気が悪すぎたんですね。

 

 

そして、気温。

実はカビは30度を超えると途端に生えづらくなります。

雨が多く降り始めた九月、今年は気温も下がってしまったんですね。

30度を下回る日が続き、湿度も高く、汚れていれば……、一日あればカビだらけの服が出来てしまいます。

 

 

実際当店にも、カビの生えたコートがすでに数点持ち込まれています。

何とかして、と。

 

友達のクリーニング屋さんと電話をしていても、今年はカビが生えて服が多いね、と。

カビが生えた人がどれだけ多かったか、これだけでもよくわかりますね。

 

 

カビが生えた服を見つけたら、やる事は二つ。

 

 

 

一つは、他にカビが生えた服がないか?確認をすること。

クローゼットの中の服を全部確認しましょう。

目視で見て分からない時には、服のにおいをかいで。

変な臭いがしたらカビの可能性が高いので、クリーニングへ。

 

 

そしてもう一つ、カビの生えた服が入っていたクローゼットをアルコールで消毒を。

クローゼットの中をアルコールで消毒をすることで、カビの生えやすい環境をなくします。

消毒用のアルコールできれいに全部を拭いてあげましょう。

 

 

今年はとても難しい年だったと思います。

もしかすると、ちゃんと洗ってしまっておいてもカビが生えてしまった人もいるかもしれません。

それほどカビに有利な環境が整ってしまった年だったと思います。

 

 

今からでも間に合います。

カビが生えているか確認をしましょう。

そして必要なものはクリーニングへ。

 

衣替えでまた服を仕舞いますから、クローゼットの中も消毒して万全な状態で夏物を仕舞ってくださいね。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


夏物を仕舞うときに大事なこと。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

だんだんと夏の暑さが減り、涼しくなってきました。

気温差で急に寒く感じますが、もう少し夏物の厄介になりそうな予感がします。

今日の東京も、昨日に引き続き30度予想。

でも、明日は26度の予想となっています。

めまぐるしいですね。

 

 

だんだんと夏ものも片付けようとしている人もいらっしゃると思います。

夏物を全部出しておいて、¥・・・、というよりは着る物を数枚残して、あとは洗ってしまっちゃおう、という人、いらっしゃいますよね?

 

クリーニング屋さんでもセールが始まっていますから、その間にクリーニングを済ませちゃいたいでしょうし。

 

夏物を仕舞うときに大事なことがいくつかあります。

今日はそれをご紹介。

 

まず、夏物を仕舞うときに大事なことで、真っ先に来るのが洗ってしまう事です。

当たり前のようですが、これが当たり前でないケースが非常に多い。

たとえば、洗うつもりで紙袋に入れておいても・・・・、それはもう保管ですからね。

気が付いたら半年も経っていたなんて言う事も起こりえます。

忘れないように、早目に洗うようにしましょう。

 

 

そしてもう一つ大事なことがあります。

それは仕舞い方、なんですね。

 

服をどうやってしまっていいか?わからない人が多いようです。

服を仕舞うには、いくつか気を付けるポイントがあります。

 

一つは、湿気を減らすこと。

もう一つ、虫の予防をすること。

 

これらを改善するのにいいのが、除湿剤です。

衣類を仕舞う場所に除湿剤を買ってきて一緒にしまう事で、湿気を取り、虫の活動を妨げます。

防虫剤を入れておくと尚いいですね。

 

 

そして、最近気になるのが、クリーニング後の袋を外すかどうか?という問題。

最近は湿気が抜けないから外したほうがいい、服が呼吸が出来なくなるからしない方がいい、という話が出回っています。

 

僕がとってみたデータですと、袋があるなしでは中の湿気は変わりがないんですね。

外気に影響をされるので、外の湿気が上がれば袋の中も上がりますし、外の湿気が収まれば中の湿気も下がっていく。

強いていなら、袋をかぶせている方が、若干外の影響を受けるのに誤差があります。

 

ここから導き出されるのは、袋のあるなしよりも、その湿度の調整の方が大事だという事。

クローゼットの中が湿気てたり、雨が降った翌日には空気の入れ替えをしたり、そっちの方が大事なんですね。

 

袋の中の湿気を考えるよりも、袋を外すことでは屋の汚れが服についてしまう事の方が一大事です。

 

 

部屋の中の空気は汚れています。

煙草もそうですし、料理の際に出る油煙は部屋中に回っていきます。

袋をかぶせておけば袋に付着して服は汚れませんが、外しておけば服に油の汚れが付いていきます。

 

 

いざ着ようと思ったら、何となくべたついている服、今まであったでしょう?

 

 

あれの正体は油煙だったかもしれませんね。

 

 

次のシーズン、また着る事が出来るように、しっかりと準備をしてしまいましょう。

まず、除湿剤を買いにホームセンターへ。(笑)

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


もう一度おさらい!ドライクリーニングって何?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

衣類の取扱い表示が変わる事は皆さんご存知ですか?

今までのJISの表記から、新しい表示に変わります。

12月から変わっていく、という話ですが、すでに今までのJISと併記する形で新しい取扱い表示が付けられています。

 

 

今回の改正のポイントは主に2つ。

 

 

一つは、今までは家庭専用の表示だったものが商業クリーニング、つまり僕らクリーニング屋さんへも対応をするようになりました。

今までの表示にも、ドライマークがありましたが、あれはクリーニング屋さん向けのものではなかったんですね。

それが正式に対応したことで、今まで参考程度にしかできなかったものを、信用して洗う事が出来るようになります。

 

 

もう一つ、表示が上限表示になります。

 

上限表示、簡単に言うと、表示通りに洗えば衣類がおかしくならないで洗えますが、それ以上で洗うとおかしくなりますよ、というもの。

つまり、表示に書いてある通りに洗えば、安心して洗える、というお墨付きをいただいた、という事になります。

 

 

表示は見慣れなくなってしまいますが、案外便利になるんですよ。(笑)

 

さて、では取扱い表示が変わるので、もう一度ドライクリーニングとは?というものをおさらいしておきましょう。

なぜ?おさらいをするか?というと、今度の表示で誤解をしてしまうと大変なことになってしまうからです。

 

一般的に、ドライクリーニングとは、有機溶剤を使用した洗浄方法になります。

石油由来の液体を使用し、衣類の形を崩さないで洗う事が出来ます。

 

・・・・・、かなりわかりづらいですね。

もっとわかりやすく言うと、水に洗剤を溶かしたものが水洗い、石油来の液体に洗剤を溶かして洗うのがドライクリーニング、なんです。

 

ご家庭では石油由来の液体は入手できませんから、ご自宅ではドライクリーニングはできません。

 

でも、今、ドライクリーニングをしていますよ?という方がいらっしゃると思います。

そう、ドライマークが洗える洗剤を使用して洗っている、そういう方がいらっしゃいますよね。

 

 

それ・・・・、ドライクリーニングではありません。

 

 

先ほども書きましたが、洗剤の種類がドライクリーニングか水洗いかの違いではなく、洗うときの液体が何か?が大事なんですよ。

 

 

ドライマークが洗える洗剤を使っても、水に溶かして洗っている以上は水洗い、なんですね。

 

 

ここをよく覚えておいてください。

 

 

今まではドライマークがついていても、ドライマークが洗える洗剤で洗っていましたよね。

全然いける、と。

中には何でもかんでも洗っている人もいらっしゃったと思います。

それは間違いではなくて、表示が洗う事が出来る、という表示だったからなんですね。

 

ドライマークが付いてはいるけど、水洗いもできる、だから洗う事が出来たんです。

 

 

ところが。

 

 

今度の改正では、家庭用の表示と、商業クリーニングの表示とついてきます。

今までのようにドライマークがついているから、洗える、というのはちょっと問題が起こりそうです。

 

 

先ほども書きましたが、これからの表示は上限表示。

ここまでは洗えますがそれ以上は問題が起こりますよ、というもの。

ドライマークがついているか、というよりも、きちんと家庭用の表示を見て、チェックして洗うようにしないと思いもしない洗濯事故が起こってしまうかもしれません。

 

これからはより表示に従って、洗うようにしてくださいね。

 

ドライクリーニングの表示がついているようなら迷わずドライクリーニングへ。

安心して洗えるというお墨付きです。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


ぱさぱさになる原因は?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

 

クリーニングをし過ぎると、油がとれらてぱさぱさになる。

そんな話を聞いたことある人はいらっしゃるでしょうか?

 

この話の大本はここから出ていると思うんです。

 

 

ドライクリーニングの溶剤は、石油由来のものを使用していて、油脂溶解力が強い。

 

簡単に書きますね。(笑)

ドライクリーニングの液体は、石油で作られているので、油汚れを落とす力に優れている、と。

そこで、油つながりで、スーツに含まれている油分を取ってしまう、とつながっていったんだと思います。

 

実際にクリーニングに出されて、ぱさぱさになった、と感じる人もいるようで、この話に信憑性が出てしまったんでしょう。

 

 

でも、ちょっと考えてみてください。

もし、ドライクリーニングの液体が原因でぱさぱさになるんだとしたら。

どこのクリーニング屋さんで洗っても、パサパサにならないとおかしいでしょう?

でも、そう感じていない人もたくさんいらっしゃいます。

 

洗いすぎるとそうなるんだよ、とおっしゃる人もいますが、そんなのならないよ、という人もいますよね。

 

僕は原因は違う所にあるんじゃないか、と思っているんです。

 

原因は一つではないんですが、主な原因は乾燥工程ではないか、と。

生地には、公定水分率という、繊維に元から含まれている必要な水分量というものがあります。

乾燥工程であまり乾燥しすぎると、必要な水分量を下回り、繊維が変化を起こします。

 

縮むんですよね。

 

繊維が縮むと、固く感じます。

おそらくそこをパサパサになった、と感じたんではないのかな、と推測をしています

縮むといっても、ぎゅーっと大きく縮むのとは違い、繊維そのものの縮みですから、ギュッとしまった感じ。

見た目は一般の消費者には分かりづらいかもしれません、でも触ると固くなった印象はあると思います。

 

 

他にも、柔らかい生地が好まれるようになったため、生地そのものが隙間だらけで縮みやすくなっているというのもあると思うんですね。

普通の乾燥工程で問題ない商品も、生地自体がスカスカで作られているために、本来の適切な密度まで形が整えられていった結果、固くなってしまう、そんなケースもあります。

 

どちらにせよ、乾燥工程の熱が原因ではないのかな、と思うんです。

 

 

じゃあ、乾燥機を使わなければいいじゃないか、とおもうのですが、なかなかそうもいかず。

乾燥機を使わなければ、仕上がりまでに時間がかかってしまうので、クリーニングが利用しづらくなりますね。

 

うちでは、カシミヤを専門に扱っている部門がありますが、そこではかなり長い間品物をお預かりしています。

乾燥機を使用しないためで、時間がかかってしまうんですね。

シーズン終わってから洗うものなので、次のシーズンに間に合えばいいものだから問題ありませんが、これが普通のスーツとかだったりすると、使いづらいだろうな、と思います。

 

 

乾燥機を使うもう一つの理由は、ドライクリーニングの液体を完全に飛ばすためです。

ドライクリーニングの液体が、服に残ってしまうとあまりよくありません。

揮発性なので、時間が経てばそのうちなくなるんですが、乾燥機を上手に使うと短時間で消えてしまうんです。

 

ドライクリーニングの液体をなくしたいけど、乾かし過ぎると繊維が縮む。

上手に乾燥をしないとダメ、ってことですね。

 

 

 

適切に乾燥工程をしている所ではぱさぱさになった、という印象は少ないと思います。

こんなところでもクリーニング屋さんの違いを発見できますね。

 

ドライクリーニングの変わりは他にはありません。

家ではできませんし、ドライクリーニングだからこそできる仕上がりもあります。

間違った情報から、ドライクリーニングしない方がいい、というデマに発展してしまうのが一番悲しいです。

ぜひ、正しい情報を仕入れ、適切に利用をしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


夏に向けたクリーニングの加工いろいろ。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

九州東海が梅雨明けをし、関東ではまだ梅雨明けをしていませんが気温だけは高め・・・・。

かなりシビアな日々が続いています。

また、突然のゲリラ豪雨もありますよね。

スーツがびしょ濡れになってしまった方もいらっしゃると思います。

 

 

そんな夏の時期に、クリーニング屋さんで出来る面白い加工をご紹介。

 

 

 

まず、一番有名なのが撥水加工です。

突然のゲリラ豪雨でも、雨を強烈にはじいてくれます。

この時期はしておいてよかった!と一番に思える加工でしょう。

 

汗のにおいを消してくれる、そんな加工もありますよ。

抗菌消臭加工というのがありまして、汗のにおいが発生しづらく、また匂いが出ても消してくれる、そんな加工があります。

これも大変重宝するんではないでしょうか?

 

暑い中、電車に乗り、一日仕事をすると、帰るころにはyシャツが汗臭くなってしまって、電車に乗るのにためらってしまう、そんな事ってあると思います。

この加工がしてあると、一日汗をかいても汗臭くなりません。

とても、とても重宝する加工だと思いますよ。

 

 

もう一つ、リオオリンピックで話題に上がっている加工、防蚊加工というものがあります。

読んで字のごとし、蚊を寄せ付けない加工の事です。

リオではジカ熱の問題などから、公式ユニフォームにこの防蚊加工が施されているとか。

クリーニング屋さんでも一部でやってくれるところがあるようです。

 

この防蚊加工の特色として、生地そのものに蚊が寄ってこない、という特色があります。

なので、肌が露出している所には蚊が寄ってきてしまうので注意が必要です。

 

夏を快適に過ごすために、クリーニングを上手にご利用してみてはいかがですか?

クリーニングをするだけでもとても気持ちいいですよ。

夏を上手に乗り切りましょう。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


自分で洗えるって書いてあるけど…。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

皆さん、洗濯絵表示はちゃんと確認されていますか?

買う時に確認をしたり、洗う前に確認をしたり、服をメンテナンスするときにとても大事な表示になります。

 

 

水で洗える。

ドライクリーニングが出来る。

漂白が出来る。

日陰干し。

 

 

などなど、どうやって洗えるか?洗濯絵表示を見ればわかるわけですね。

現行の洗濯絵表示は、出来るものが表示されています。

こうしなさい、というものではなく、これで洗えますよ、という表示です。

 

 

つまり、水でも洗えますし、ドライクリーニングもできます、というような表示になるわけですね。

 

 

どっちで洗うのがいいのか?どっちでも洗えるとは言うけど、どっちが良いかなんてわからない、と思うんですよ。

実際、クリーニングの集配でお伺いした時に、これ洗えますか?というご相談を受ける事があります。

家でも僕らでもどちらでも洗えるんですが、ではどっちが良いか?は皆さん迷っているようです。

 

 

もちろん、明確に違いはあります。

 

 

水洗いは、さっぱりしますよね。

特に、今の時期は汗をよくかいていますから水洗いはとても有効です。

しかし、反面、生地に負担が多くかかるので、洗いあがった後に変わってしまう事もよくあります

 

柔らかさがなくなった、とか、縮んでしまった、とか、色が少し変化した、とか。

どうしてもそういうリスクが出てしまいます。

 

 

片やドライクリーニングの特徴は、そのまんまの形で洗いあがる事です。

色も変わらず、縮まず、変化せず。

発色のいい服は色のいいまま着たいじゃないですか。

それを維持したまま洗えるので、気にった服をそのまま着たい時に重宝します。

 

しかし、クリーニングに出すと、日数がかかってしまいますよね。

家で洗えばすぐ着る事が出来るけど、クリーニングに出すと、時間がかかってしまう。

そこも悩みの種、みたいです。

 

 

お客様によっては、自分で洗えるって書いてあるから、自分で洗うわ、という方もいらっしゃいます。

逆に、自分で洗えると書いてあるけど、クリーニングに出したほうがきれいになるからお願いします、という方もいらっしゃいます。

 

 

クリーニングに出す方がきれいになる、そうなんですよね。

なぜなら、汚れに合わせてドライクリーニングも水洗いも両方するから。

さらに、仕上げまでするので、きれいになって、自宅で洗ったような着古し感もないんです。

 

お金をかけただけある、という事ですね。

 

これから暑くなって服の洗濯には悩むと思います。

洗うとどんどん傷むし…と悩んでいるなら、思い切ってクリーニングに出してみてはいかがでしょうか?

洗い上がりに大満足すると思いますよ。

 

 

ぜひ、お試しを。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


クリーニングの出来に違いがあるのは何で?
今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。
衣替えの時期から、クリーニングから品物が返ってくるこの時期にかけて、ネット上でクリーニングにまつわる話をよく見かけます。
たいていはあまりよくない話だったりするのですが・・・・・、たぶん満足されているお客様は書き込まず、不満を感じた方が書き込んでいるからそう見えちゃうのかもしれません。
知っている方は知っている、でも知らない方は知らない話で、クリーニングにも品質の差がある、というのがありますね。
お店によって、汚れの落ち方や、どれだけきれいになるか?、品質から値段までかなりの差があります。
そこをよく御存じの方は、引っ越しの際にクリーニング屋さんを探してから引っ越すくらい、それくらい重要視する人もいるくらいです。
また、気に入ったお店がないときは、前にご利用していたお店へ宅配便で送る人もいたりします。
それだけ違う、という事なんでしょうね。
先日見かけた書き込みに、なんでクリーニングに品質の違いが出なきゃいけないんだ???というのがありました。
そもそもプロがやっているんだし、同じようにきれいに出来なきゃだめだろう、と。
品質に差が出るのはおかしい、というものでした。
確かに、そういわれるとそうなのかなあ、と思う事もあります。
今から40年前は機械化されていなくて、全部手仕上げ。
職人ごとに品質が違いましたが、今はどこのクリーニング屋さんも機械化されています。
洗剤だって、そう変わらないだろう・・・・と思う人もいるのかもしれませんね。
なんですけどね。
実は機械化されても品質にはばらつきが出るんですよ。
ここが不思議でしょう?
でも、同じ機械を使っていても、同じように仕上がらないんです。
一番の理由は、服そのものが全部違うという事が挙げられます。
サイズが違うし、メーカーによって微妙に形が違います。
他の業種のように、同じ形で裁断するとか、形を整えるとか、そういうのに機械は適していますが、クリーニングの場合は裁断するわけでもありませんし、揃えるわけでもないので、どうしてもサイズ違いなどでばらつきが出てしまうんです。
そこからはみ出た部分を修正したり、しなかったり、そこで差が出たりします。
また、不思議なことに、同じ機械に同じyシャツを着させて仕上げても、品質が違います。
微妙な角度の違いで、仕上がりに差が出るんです。
普通、機械は品質に差が出ないようにするために使うのですが、クリーニングの機械は、そこまで入っていないのが現状ですね。
ハンドアイロンよりもう少し大掛かりになっただけで、扱う人たちの技量に左右される、という事なんです。
また、洗うという事に、差が出やすくなっています。
こちらは、汚れそのものが毎回違う訳で、同じ洗浄力だと、同じように汚れが落ちますから、汚れのつき方次第で落ち切るものと落ち切れないものが出てきます。
一度にどれくらい洗うのか?というのも洗浄力には影響していまして、きちんと守って洗う所と、そうでない所とあるようですね。
結局クリーニングは、機械化された、とはいってもまだまだ働いている人の技術力や注意力に影響される、という事なんだと思います。
同じような商品を、クリーニングできれいに出来るところと出来ない所。
その差は、どこまで手をかけたか?になると思うんです。
同じやり方で同じようにやっていれば、ある程度はきれいになりますが、品物に違いがあるようにそれだけでは対応しきれないのが現実です。
残った部分をいかにきれいにするか?がそのお店の腕の見せ所であるわけですね。
で、ここをよく御存じのお客様は、クリーニング屋さんを選んでいる、という事なんです。
普段、特に気にも留めないでご利用されているクリーニング。
そんなに変わらないだろう、とご自宅で洗たくしている方々。
クリーニング屋さんにも違いがあることがわかったら、探してみたくありませんか?
必ず、近くに違いの分かるクリーニング屋さんがありますよ。
ぜひ、探してみてください。

<< | 2/32PAGES | >>