洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

下着の大事さ。

おはようございます。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

連日暑い日が続きます。

暑い・・・・と通り越して酷暑ですか。

こんな時でもスーツを着ている日本人って勤勉だな、と思います。

 

今、東京は沖縄よりも暑い、って皆さん気付いていらっしゃるでしょうか?

沖縄は、かりゆしスタイルで暑さのしのいでいるのに、東京ではクールビズでしのごうとしている。

かなり無理があると思います。

夏場のスーツはそろそろ見直したほうがいいかもしれませんね。

 

 

スーツの着方にはいろいろご意見があるようで。

欧米ではスーツの下には下着は着ない、という方がいらっしゃいます。

そもそもワイシャツが下着扱いだから、その下にさらに下着を着たら格好悪い、という主張のようです。

 

確かにおっしゃる通りなのですが・・・・・。

 

 

これを、今の気温やスーツの面から考えてみると、下着はとても重要だと思います。

 

 

汗を吸い取ってくれる下着、一枚下着を着ることで、段違いでスーツの傷み方が変わります。

特にももひきを履いていると、ズボンのもちが全然違う。

昔、親父たちが、下着で家の中をうろついていて、格好悪いな、と思っていたまさにあの恰好が、スーツにとってはとても大事な恰好だったりします。

 

 

 

スーツなんて安いんだから、ダメになったら買い換えればいいんだよ。

 

 

そういうご意見もあるでしょう。

おっしゃるように安いスーツが出回っているので、二年おきに買い替え、というやり方もありかと思います。

しかし、安いスーツはデザインも着心地もそれなり・・・・。

年を重ねて、人に見られる年頃になってきたときに、それなりのスーツを買うようになると二年ダメになってしまう、というのはお財布にやさしくありません。

 

どうやってスーツを長持ちさせるか?という視点も必要になってきます。

 

 

毎年、夏になると、素肌にそのままポロシャツを着て仕事していました。

当然、ポロシャツはいつもびっしょり。

 

今年は、下着を着てポロシャツを着ています。

 

ポロシャツにつく汗の量が段違いで減り、傷みません。

暑いかな?とおもったけど、思っているよりも暑くもなく。

汗をきちんと吸ってくれるので、かえって楽になりました。

 

 

下着の大事さ、見直しても見てもいいと思います。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック