洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

カシミヤのコートを洗わなかったらどうなるのか?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

衣替え、みなさん順調に終わりましたか?

各地のクリーニング屋さんも、連休明けからドサっと品物が集まっているようです。

 

冬に着た服は洗ってしまうのが基本。

おうちクリーニングでも、クリーニング屋さんでも、洗ってしまうのが基本となります。

 

もし、洗わないでそのまま仕舞ってしまったらどうなるでしょう?

カシミヤのコートを例にどうなるか?予想してみましょう。

 

 

冬の間着ていたカシミヤのコートは、埃や汗を溜め込んでいます。

冬場は汗をかかないと思われがちですが、最近は建物や乗り物の中の環境がいいので、気がつかないうちに汗をかいているんです。

当然、その汗は、カシミヤのコートにも付いています。

 

この汚れた状態のカシミヤのコートを洗わないで仕舞おうとすると、様々なことが起こります。

 

 

今の時期から仕舞うと、一番最初に梅雨の時期にトラブルが待ち受けているんです。

湿気によるカビの恐れがあります。

 

カビは、適度な湿気と、栄養分となる汚れと、育つのに必要な温度が揃うと一気に生えてきます。

カシミヤのコートなどだと、汚れている箇所にカビが生えてくることがあるんです。

 

例えば、裾、袖口、ポケット周り、前身頃。

擦れたり、手で触ったりする所に汚れは溜まっています。

手がつくと言うことは汗もついている、と言うこと、です。

 

 

梅雨の時期をなんとか乗り越えたとして、まだまだ問題は残っています。

次に来るのは、虫。

虫食いの可能性があるんです。

 

こちらも、汚れているところを中心に、虫が食べていきます。

特に、カシミヤのコートは、柔らかいので、無地とても食べやすくなっています。

 

ここも汚れているところ、袖口、前身頃、背中、襟元などでよく食べられたりします。

 

 

なんとかカビを回避し、むしのひがいも出なかった、さあこれで次また安心して着ることが出来る、そう思いますよね?

いえいえ、まだもう一つ、問題が残っています。

 

 

それは、変色。

 

カシミヤのコートに残っている汗や食べこぼしなどのシミが、化学変化を起こして変色するんです。

 

例えば、気温が高くなると変色したりします。

また、日の当たる場所、蛍光灯の下に置いておくと、光によって生地の色が抜けて変色します。

 

さらに、暖房の際に出るガス、料理中に出るガス、これらによっても変色の可能性があります。

 

 

このように、洗わないでしまっておくと、様々なトラブルに合う可能性が出て着て仕舞うんです。

 

 

これを回避するためには、洗って汚れを落とし、綺麗な状態でしまうこと。

 

 

これに尽きるんですね。

夏が来る前に、梅雨が来る前に、カシミヤのコートやニットなど、大事なものはクリーニングに出しましょう。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック