洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

下着はクリーニング出来ません。

おはようございます。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

メルカリでクリーニングが話題になっています。

その理由は、中古の下着をクリーニングして出品したら運営から削除された、というもの。

 

クリーニング済みなのになんで?とご立腹の方がいらっしゃるようです。

それに対する答えとして、いろんなものが出ていました。

 

クリーニング屋さんのタグの写真も付けていれば大丈夫だ、とか。

クリーニング屋さんの領収書、もしくはレシートの写真を付けて証明しなければ、とか。

 

※ 現在、規約が改定されて下着は仮にクリーニングをしてあったとしても出品禁止になったそうです。

皆さん、お気を付けくださいませ。

 

 

コメントを付けている人たちは、一様に言葉だけではクリーニングしてあるか?信用できないから証拠の写真を一緒に提示しろ、と言っているようです

 

 

ですが。

 

 

ここで残念なお知らせが。

クリーニングでは、下着は受け付けていないんです。

クリーニング屋さんは下着を洗ってはいけないんですよ。

だから、メルカリなどで、クリーニング済みとしている下着はありえないし、レシートやタグが付いているのもあり得ません。

 

クリーニングっていろんなものを洗う事が出来ます。

服はもちろん、カシミヤやダウン、皮革だって洗えます。

靴やカバンも洗えますし、ぬいぐるみも洗えます。

 

でも、下着はダメなんです。

これは技術的な問題ではなく、法律的な話。

そう、法律で洗ってはいけない、となっているので取扱いが出来ないんです。

 

 

すでにメルカリでは中古の下着は取扱い禁止となったので、今後クリーニング済みの問題はなくなっていくと思われますが、もし人に譲るときでも、下着はクリーニングは出来ませんのでご注意を。

 

クリーニング屋さんに似ているもので、昨今、洗濯代行という業態が出てきております。

これは、コインランドリーで代わりに洗ってもらう、というもので、依頼をすると、コインランドリーで洗って畳んで返してくれます。

これだと下着も洗ってもらえますが、これをクリーニングとは呼べません。

ここも注意が必要ですね。

 

ヤフオクやメルカリなど、個人間取引が活発なようです。

買う時には少し注意をしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック