洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

コートの雪対策は、クリーニング屋さんで撥水加工!

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

先週、東京はすごかったです。

雪が降って交通がマヒしたり、かと思えば週半ばはものすごい寒波。

僕が住んでいる府中市では、記録的な寒さで−8.4度を記録しています。

たしかに、暖房を焚いているのに部屋の中が寒かった…。

 

今年はまだ雪とかありそうですね。

 

 

雪が降ってきて、コートがぬれてしまったという人が多かったと思います。

撥水加工をしていたのに、なんで濡れるの?そんな方もいらっしゃるかもしれません。

 

水に濡れない加工は、防水加工と言います。撥水加工とは違うんです。

撥水加工とは、読んで字のごとし、水をはじく加工です。

弾いたら濡れないんじゃないの?と思うんですけどね、これが濡れるんですよ。

 

 

雪や雨がコートなどについた時ははじくんです。

でも、そのまま服についたままにしておくと、数十秒で一気に浸透していきます。

撥水加工を施した服は、弾いたときに手でふり払わなければいけないんですね。

 

 

今や、撥水加工も自宅で出来るよ、という方もいるでしょう。

ホームセンターで、撥水加工スプレーが売っていたりします。

クリーニング屋さんでやってもらうよりも、自分でやる方が安く上がるし、思いついたらできるし、いいことづくめのような気がします。

 

 

ところがです。

実はクリーニング屋さんの撥水加工の方が、弾く力は強いってご存知でしたか?

薬品の違いもあるんですが、その後の作業に秘密があって、弾く力がより強くする事が出来ます。

さらに、自分でやるとかけ過ぎて服の風合いがおかしくなることもあります。

クリーニング屋さんで撥水加工をやってもらうとメリットがいっぱいあるんですよね。

 

今年の冬は寒かったので、二月に入ってから一度クリーニングしてみてもいいと思います。

その時に撥水加工をお願いすれば、いい風に加工をしてくれると思いますよ。

ぜひぜひ、お勧めですのでご検討を。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック