洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

ボタンが入らないのは誰のせい?

おはようございます!

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店工藤がお送りします。

 

 

クリーニングはトラブルが多いと言います。

実際消費生活センターなどでも、件数はかなり多くて数年前までは問い合わせが一位でした。

今は他のトラブルも増えてきてそうではないようですが・・・・・。

 

僕が知っているだけでもいろんなトラブルがあります。

 

 

縮んでしまった。

 

風合いが変わってしまった。

 

穴が空いてしまった。

 

これらはクリーニング屋さんに原因がある可能性が高いですが、中には商品自体に問題のあるケースもあるので、実はクリーニング屋さんで洗ったらこうなってしまった、というだけではなかなか原因が突き止められなかったりします。

なので、原因を解明するために時間がかかることもあるんです。

 

で、今日の本題。

本当にあったお話です。

 

 

先日、古くからご利用されているお客様がご来店くださいました。

品物をお預かりした後に、申し訳なさそうに一枚のワイシャツを取り出します。

 

いいものはここに持ってくるんだけど・・・・・。

 

こういう切り出し方をされるときは、うちで洗ったものではない時ですね。(笑)

でも、何か困っているんでしょうね、お話を聞いたんです。

 

 

違うクリーニング屋さんでワイシャツを洗ったの。

そしたら、昨日の朝、主人がワイシャツを着ようとしたらボタンが穴に入らなくて・・・・・。

何度やっても入らなくて、段々主人が起こりだして、最後は怒鳴られてしまったの。

 

クリーニングが悪いっ!

クリーニング屋に文句を言ってこいっ!

 

って。

でね、お宅じゃないんだけど見てもらおうと思って・・・・・。

 

 

ボタンが穴に入らない、となるといくつか原因が考えられます。

そのワイシャツをお預かりして、まずチェックするのが、縫い糸の縮み。

わきの下や襟など、縮みはないか?確認をします。

 

襟がきついとかは?と聞くと、そういうのはないんだけど、ボタンだけはいらない、とおっしゃいます。

 

次にチェックするのは、糊の固さ。

糊が付いているの?という位薄かったのでこの線はなし。

ぎゅーっというほど縮んでもいないし、しいて言えば白くはないな、と。

まだ汚れているのが気になる位で、ボタンが入らない原因は見当たりません。

 

ここで一つの答えが出てきました。

 

老化、なんですよ。

 

 

原因は老化、指がうまく動かなかったんでしょうね。

問題のワイシャツを手に取り、ボタンをはめてみてもすんなりと入ります。

別に入りづらいという事もないし、きついという事もない。

普通に入る。

 

お話を伺うと、毎日ワイシャツを着ることはなく、そして年齢も70歳になるとの事。

久しぶりにワイシャツを着て、指がうまく動かなくてイライラされたんでしょうね。

 

 

ボタンの入れ方をレクチャーして、その場は終わったんですが、これクリーニング屋さんに行く前にうちに来てよかったなあ、と。

色は確かに悪いけど、ボタンが入らないような状態ではなかったです。

これで、怒鳴り込まれたらクリーニング屋さんも困ったでしょうね。

いくら説明をしても、怒っているお客様には届きませんし。

第三者としてうちにご相談に来たので、説明を聞く事が出来たんだと思います。

 

 

うちの父も、年と共に指先が動かなくなってきています。

ワイシャツを仕上げていて、ボタンを留めるのがつらくなってきた、とこぼしてたことがありました。

そう、誰でも年を取ればボタンを付けるのは大変なんですね。

 

でも、なかなかそういう事実を知らないし、老化現象だとは認めたくない。

結果、怒鳴ってしまうんだと思います。

 

 

イライラするのはわかりますが。

 

でも。

 

 

何でもかんでもクリーニング屋さんのせいにするのは困ってしまいますね。

洗ったからこうなった、洗わなければ、と思うのかもしれません。

うーん、なんか申し訳ないですが、まるで子供が駄々をこねているようです・・・・・。

 

おかしくなるという事は原因があります。

縮んだり、変化があるはず。

クリーニングは全体を洗うので部分的に縮むという事はまずありません。

もし、そういう事があるのなら、それは商品に問題がある可能性があります。

 

まずは冷静に。

 

 

クリーニングが悪い!と思う前に、他に原因がないか?考えてみてください。

思い当たらない時は、クレームの前に一度クリーニング店へご相談を。

そこでクリーニング屋さんに問題があれば、真摯に受け止めてやり直しをしてくれますし、他に原因があれば説明をしてくれます。

またほかに原因があっても直してくれることもあります。

 

原因が特定しづらいものだからこそ、一度相談をしに行くと、いいのかなあと思います。

だって、いやでしょ?原因がクリーニング屋さんじゃないのに怒鳴ってしまったら。

そんな恥ずかしい思いをしなくてもいいように、相談という形をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック