洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

夏にレーヨンは…。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

関東地方、まだ梅雨が明けていません。

なのに、暑い日が続いています。

沖縄や九州など一部では梅雨が明けているようで、暑くてもカラッとしているらしいのですが・・・・・。

ちょっと雨がひどすぎますね。

 

 

梅雨明け前ですが気持ち的にはもう真夏。

着ている服買う服も夏仕様になっていると思います。

 

 

この時期着る物や買うものは、汗をたくさんかくので洗たくやクリーニングを視野に入れていると思います。

 

 

出来れば自分で洗えるもの、そしてなるべく涼しいものと選びたくなりますよね。

 

 

しかし、一見涼しそうで、自分で洗たく出来ないものがあります。

それがレーヨンが混ざっているもの。

 

レーヨン、水に濡れただけて縮んでしまうんですよ。

なので、レーヨンが使われている服は基本的に水洗いが出来ないという表示になります。

 

ぎゅーっと縮むというよりは、固くなる、と言ったイメージなんですが、それゆえに、表示を無視して洗ってしまう人も多く、あまり生地の変化を気にしない人であればそのまま着れてしまったりもします。

 

また、レーヨンが使われていても、自宅で洗たくが出来るという表示が付いているものもあります。

こちらは、事前に縮ませてから記事にしていたり縮み防止の処理をされているため、自宅で洗っても変化が少ないように出来ています。

 

 

夏服を買う時は必ず、表示を確認するようにしましょう。

 

 

今出ている服には、新しい表示が付いています。

表示の範囲内なら洗える、という事なので、表示に従っていれば事故など絶対起きません。

信用して検討してみてくださいね。

 

 

もし、洗濯が出来ない表示の物だったときは。

 

 

長くいい状態を維持するために、クリーニングを利用しましょう。

やっぱりクリーニングはすごいな、と再確認する出来ると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック