洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

クリーニングの違いってなんでしょう?

おはようございます。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤が送りします。

 

 

よくクリーニング屋さんが、クリーニングも千差万別です、とか、選んでください、とか、違いがあります、とかいうのを見たり来たりしませんか?

具体的にどう違うのか?聞いたことある人は割と少ないと思うんですが・・・・・。

汚れ落ちが違う、とかそのくらいでしょうか?

 

では、具体的にどう違いがあるのか?

ちょっとご説明してみようと思います。

 

クリーニングは違う、というのは主に個人営業のクリーニング屋さんに多くみられます。

大手チェーン店とは違う仕事をしているよ、クリーニングにも品質があると知って、という意味合いで使われるようです。

 

しかし、消費者の方は結構クリーニング屋さんを渡り歩いている事が多く、クリーニング屋さんをいくつも変えてきたけど実体験としてそんなに変わりがない、と思っている事が多いようなんですね。

 

 

大手チェーン店と個人営業の店と、何が違うのか?というと、簡単に言ってしまうと汚れ落ちと風合いが違います。

 

 

大手チェーン店と比べて扱っている量が少ないので、ぎゅうぎゅうに押し込んで洗う事がなくなるので、汚れ落ちがアップするんです。

また、たくさんの衣類と一緒に洗われませんから、衣類の痛みもとても少ない。

デリケートな仕上がりになっていきます。

 

そして、品物を選別して、国家資格のクリーニング師が仕事をするので、びしっとするものはびしっとし、ふわふわなものはふわふわの状態で仕上がってきます。

クリーニングをよく知っている人間が仕事をするので、当然と言えば当然の結果。

 

クリーニングから返ってきたら固くなった、というようなことは起こることが少ないんです。

 

 

たまに、そういう話を聞くこともありますが、たいていそういう時は服に問題のあるケースが多いようですよ。

 

 

 

こうして考えると、実は消費者の皆さんがクリーニングに求めているものって、個人営業のお店に行けば叶えられることが多いんです。

 

 

綺麗にしたい、ふんわりとしたまま洗ってほしい、風合いを変えたくない、そういう要望に応えてくれるのが個人営業のクリーニング屋さんだと思います。

 

いま、チェーン店ばかりでなかなか見つけづらいと思いますが、必ずご自宅の周辺にも個人営業のクリーニング屋さんがあるはずなので、根気よく探してみてくださいね。

きっと、ご満足いただけるクリーニングをしてもらえると思いますよ。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック