洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

臭いと汚れの関係。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

梅雨に入りました。

思ったよりも雨が少なくて逆に暑いくらいなんですが、それはそれで汗をかくのでつらい時期になります。

洗濯物が臭ってしまう時期でもあるし、着用してて汗臭くなるし、におい対策に翻弄されますね。

 

 

臭くなるから、毎回洗う。

 

 

こういう人が増えているそうです。

本来、そんなにクリーニングや洗たくをしなくても大丈夫なものも、一度着たらすぐ洗濯をしたい、という人が増えています。

洗っても洗っても匂いが出てくるので、過敏になってしまっているような気がしないでもありません。

 

 

 

臭いと汚れには関係があります。

 

 

簡単に言うと、汚れがにおいの原因なんですね。

直接的に汚れがにおいを発している事もありますし、汚れに菌が付着して匂いを発生させているケースもあります。

また、逆に菌が付着をしていて後から汚れが付いてくる、というケースも。

 

 

臭いの原因をきちんと突き止めないと、毎日洗っても匂いが発生してしまいます。

 

 

臭いだけ見れば、消臭剤で消す事が出来ますね。

これもケースバイケースですが、原因が残っていると匂いをその場で消したとしても、また出てきてしまったり。

最近は、韓国製の機械で、オゾンを利用して消臭する機械が売られています。

洋服をハンガーにかけて機械に設置をすると、数時間後に消臭されているというもの。

オゾンは業務用でも使われていまして、その効果は強力です。

 

でも、先ほどの話と一緒で、匂いはその場で取れますが原因があると、また発生をしてしまいます。

 

まず、原因をしっかりと取り除きましょう。

 

 

汚れが直接臭いを出していても、菌が発していたとしても、その大本はやはり汚れです。

洗いの段階できちんと汚れを落としておけば、匂いが発生するまでに相当時間がかかります。

 

水で洗うと汚れが落ちると思いがちですが、汚れってかなり頑固なんですよ。

クリーニング屋をやっていて思いますが、本当にきれいにしようとすると手間を掛けなければいけない。

これを普通の生活でやろうと思ととても大変です。

 

よごれも、菌も、クリーニングでならきれいにすることも可能です。

 

 

家庭では使えない蒸気やお湯、さらに高温での感想など。

汚れや菌をいろんな角度から落としていく事が出来るようになっています。

 

 

頻繁に洗わなくても、臭わなくなるんですね。

 

冬場に比べれば、洗う回数は多少増えますが、クリーニングなら毎日洗う必要もありません。

ただし、スーツなどはそれなりに着数が必要ですよ。

3着くらいを着まわしているのは、かなり厳しいです。

スーツが汗を放出したり、毛を回復させる時間が足りないので傷みやすくなります。

夏場は少し多めに持つことをお勧めします。

 

 

一か月後には夏がやってきます。

今年も無事に乗り切りましょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック