洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

クリーニングは誰が利用していいんですよ。

段々と暑くなってきましたね、もう、初夏です。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

 

クリーニングっていったい誰が利用するんだろう?

 

 

お金持ち?

おしゃれ好き?

 

 

 

私はクリーニングなんて使う必要ないわ、そんな話を聞くことがあります。

クリーニングって、そんなに特別なものではないんですよね。

 

 

服が汚れたから洗う。

 

 

たったこれだけの事なんです。

これだけの話で、別にクリーニングを利用する人が区別されるわけでもありません。

お金持ちが利用するサービスでもないですしね。

 

だって、服はみんな平等に汚れるんですよ?

 

大人から子供まで、平等に服は汚れていきます。

家で落とせるものや洗えるものなら家で洗えばいいんですね。

でも、中には、家では無理なものもある。

また、家で洗うよりもクリーニングに任せた方がいいものもある。

 

 

クリーニングってそういう時に使うものなんですよ。

 

 

おしゃれ好きじゃなくても、お金持ちじゃなくても、みんなが普通にクリーニングを利用してくださっていいんです。

 

 

クリーニング屋さんへ行くと、様々な方がいます。

主婦の方、独身のサラリーマン、新入社員、大学生や高校生もクリーニングに持ってきますよ。

時には小さなお子さんまで。

おじいちゃん、おばあちゃんも、わざわざやってきてくれます。

 

 

色んな商売がスーパーにとってかわられていますが、珍しく単体で残っているのがクリーニングです。

 

 

クリーニング屋さんへ行くと、その町に住んでいるんだなあと実感をする、そんな話をするお客様がいらっしゃいました。

ぜひ、その感じを感じてみてください。

 

 

連休もあけて、冬物を一気に出しても大丈夫そうな陽気になってきました。

冬服を持って、クリーニング屋さんへ行きましょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック