洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

おうちクリーニングとの決定的な違いは?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

ドライクリーニングと家で洗うドライマークの洗剤は違う、という事がだんだんと浸透してきたように思います。

最初のころは、自宅でドライクリーニングをする!という方がとても多くて、その違いを説明するのにとても苦労しました。

僕らプロのドライクリーニング、油で洗う、というのが消費者の皆さんにはイメージしづらい。

べとべとした油をイメージしてしまって本当のドライクリーニングが分からないからなんでしょうね。

本物のドライクリーニングの液体は、さらっさらで、見た感じは水や日本酒のようなんですよ。

 

 

ドライマークが洗える洗剤と、ドライクリーニングの違いはだんだんと分かってきていただいているように思います。

しかし、そうなってくると、今度は家での水洗いとクリーニング屋さんの水洗いと、違いが全くないように思う人が出てきているようです。

 

水で洗うなら自分で洗うわ、そういう人もいますよね。

水なら家にもあるし、同じ条件だし、何も違いはないでしょう?と。

 

実は、僕らの水洗いと、皆さんのご家庭でのおうちクリーニングとでは決定的な違いがあるんです。

 

 

その違いとは?

 

 

助剤と呼ばれる、洗剤を補助する薬品を使う所にあります。

そもそも、洗剤にはいくつかの薬品が含まれていまして、主成分である界面活性剤のほかに、アルカリ剤や、おしゃれ着用には生地を保護する成分も含まれていたりしますね。

これらを一つにまとめた洗剤がご家庭で使われている洗剤、僕らでいう所のワンショット洗剤というものになります。

 

クリーニング屋さんの場合は、一つにまとめているわけではなくて、洗うものに合わせて、洗剤のほかにいろいろと足していくんです。

 

例えば、ソフトな生地を保護するために保護成分を足したり、さらに洗浄力を上げるために薬品を足したりします。

まだまだありますよ。

洗いあがった後に、必要な時は油を足すこともあります。

洗浄で余分に取れてしまった生地本来の油分を補う事で風合いを戻したりします。

 

また、水で洗うと腰が抜けてしまいがちなので、糊のようなもので腰を復活させることもします。

 

ただ洗うだけでは水は影響が大きすぎるんですね。

合わせて足してあげたり保護をしてあげないと。

これをしているのが僕らクリーニング屋さんの水洗いです。

 

同じように水を使って洗っているけど、全く別物と考えていいでしょう?

 

 

料理と一緒ですよ。

ご家庭でも、料理屋でも、使っている素材は同じ。

でも、掛けている手間の差が、味の差を生み出します。

ご家庭では、生活の一部でいかに手間暇をかけないでやるか?も大事ですから、僕らのように手間暇をかける事は難しいと思います。

 

衣替えは大事な時期です。

汚れをきちんと落として、次のシーズンまた着る事が出来るようにしておくには、クリーニング屋さんに任せるのがいいと思います。

ぜひ、お近くのクリーニング屋さんへ。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック