洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

洗うより前に気にしてほしいこと。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

段々と衣替えが始まりました。

三寒四温の日々とはいえ、さすがに厚手のコートは必要がなくなってきて、クリーニングに集まり始めています。

休みの日程に合わせてスーツのクリーニングも増えてきましたね。

 

 

最近は、断舎利やミニマムな生活、というのが流行りだそうで物を持たない生活を目指している方が多いと聞きます。

必要以上のものを持っていても邪魔になるだけで使わない、本当にその通りで、衣類なんて言うのはそういうものが多いんじゃないでしょうか?

 

 

買ったはいいけど、一度も着なかった、そういう服ってたくさんクローゼットを占拠していると思います。

 

 

お店で店員さんに勧められたときはよかったんだけど、いざ帰ってみたら着る勇気がなかった、とか。

昔でいう、タンスの肥やしになってしまうんですね。

 

衣替えの時は、そういった気なかった服を処分するチャンスでもあります。

廃品回収の日に出してもいいですし、最近は古着を回収しているお店もあったりしますので、そこに出してもいいのかな、と。

 

 

そして、いらない服を処分したら、次にしてほしいのは必要な服を揃えて欲しいんです。

 

 

なんだか矛盾したような話をしていますが、これってとても大事な事なんですよ。

着ない服は必要ありませんが、着る服は必要なんですね。

 

 

これ、洗濯やクリーニングを考えるより大事な話なんです。

 

 

服は汚れたら洗わないと着る事が出来ません。

でも、洗おうとすると、それなりに時間がかかってしまいます。

家で洗う事が出来る服でも最低一日。

何か用事があって洗う事が出来ないと数日開いてしまう事もあります。

雨が続いて乾かないともっと。

 

クリーニング屋さんに出しても最速でその日のうちに。

じっくり仕上げてもらうと一週間ほど着る事が出来なくなってしまうんです。

 

 

つまり、服は、洗っている間も着る事が出来るくらいの量は必要、という事なんですね。

 

 

着ない服はいりませんけど、洗っている間に着る服は必要な服、そう思うと最低一週間分の服は持っていないといけないという事になります。

 

 

ミニマムな生活で、数着あればいい、というような話を目にしますが、ちょっと足りないかな、と。

本当の必要最低限って、もう少し必要なんではないのかな、と思うんです。

 

 

服の着数を増やすと、いい事が起こります。

 

 

余裕を持って着まわせるので、服が傷まなくなります。

柔らかい服は柔らかいままに、色もくすみにくく、綺麗な状態で着る事が出来るように。

洗っている間も、他の服を着る事が出来るので、安心ですしね。

 

 

本当に必要な服の量って、一週間着る分+数着だと思います。

余裕を持って、という事ですね。

このくらいの量なら、クローゼットをも圧迫しないと思いますよ。

管理もしやすいので、衣替えの時に洗い忘れとかも起こりませんし。

 

 

ぜひ、今回の衣替えの時に、着ない服は処分して、必要な服を買い足してあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック