洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

そろそろスーツ、汚れてませんか?

今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

東京では桜が咲き始めました。

僕の住む府中市でも、枝垂桜がいい感じで咲き初めまして、たくさんの人が写真を撮りに行っているようです。

 

桜が咲くと、クリーニングが集まる傾向があります。

やはり桜の花が咲くころの気温は、暖かいんでしょうね。

もうコートやオーバー、ダウンの類はいらないとクリーニングへお持ちになるんでしょう。

 

実はこの時期にクリーニングが増えてくるものがあります。

 

 

それは、スーツのクリーニングなんです。

 

 

昔ですと、まだスーツのクリーニングの時期ではなくて、外側の重い衣類からクリーニングに出てくるのが常識でした。

コートやオーバーから始まり、セーターカーディガンなどのニット製品が出て、その後に冬物のスーツがクリーニングに出る、という決まったパターンがあったんです。

 

 

ところが、最近はそういうのはないんですね。

理由は、スーツに冬物とかの概念がなくなってきているから。

年間通して、スーツを着る人が増えてきているので、スーツの衣替えの概念がないんでしょう。

 

では、なんでこの時期にスーツのクリーニングが増えるのか?

 

 

皆さん、スーツ、汚れてませんか?

 

 

変な噂が広まっていて僕らも困っているのですが、スーツはクリーニングしすぎるとよくない、という噂が広まってしまっています。

そのため、クリーニングの頻度がかなり落ちてしまっているんですね。

 

するとどうなるか?というと、ものすごく汚れているスーツが増えていくんです。

さらに、汚れが溜まったまま着ていると、裾の方とか切れ始めるし。

実は汚れたまま着ているのはよくないんですね。

 

たぶんですけど、スーツが汚れている事に気づいた人が、休暇などのタイミングに合わせてクリーニングにお持ちになっているんでしょう。

 

 

汚れてないのに洗う必要はないんですが、本当に汚れていないですか?

 

 

そこが一番の問題で。

洗いすぎるとよくない、という言葉に振り回され過ぎて、汚れている事に気づいていないってことはありませんか?

 

臭いは消臭剤でごまかしているので、大丈夫、と思っていても・・・・・・。

襟やそで、前身頃など、汚れがひどくなってません?

 

毎日着ているので、景色になれるというか、気にしなくなっちゃいますけど、よくよく見てみるとかなり汚れているはずです。

 

 

汚れていたら、洗わないと。

 

 

これから暖かくなると汗ばんできます。

その前に、いちど汚れを落としちゃわないと、さらに臭いが出る事になります。

 

汚れはためちゃダメですから。

 

 

新年度を迎える前に、ぜひクリーニングでスーツをきれいにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック