洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

クリーニングの最低品質を考える。

皆さん、おはようございます。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

ちょっと難しい話になりますが、クリーニングの最低品質ってなんでしょう?

最低品質って、クリーニングに出したら最低この状態で返ってきてほしい、というものです。

クリーニング屋さんに聞いて回ったことがあります。

返ってきた答えはこちら。

 

 

白くするのが当たり前でしょう!

難しいしみ抜きの手前までは当たり前に。

汗は当然落とすものだよね。

 

クリーニング屋さんらしい答えです。

クリーニングの仕事は汚れを落とすことですから、当然どこまでは当たり前のように落とす、という所に基準を持っている人が結構いらっしゃいます。

 

 

最低品質を、別の言葉に言い換えたら。

これ以下の品質では返さないでね、という言葉になると思うんですね。

すると、また答えが変わってくると思うんですよ。

 

 

僕の考えるクリーニングの最低品質とは。

 

 

預かった時と同じ状態が最低品質だと思うんですね。

 

 

それではクリーニングの仕事をしていないじゃん!とおしかりの言葉を受けるかもしれません。

そうではないんですよ。本当の最低品質は、現状のままお返しすることだと思うんですね。

 

 

何事もなくきれいになってくれるのが一番です。

でも、実際はそうでない事がよくあるようですね。

クリーニングに出したらおかしくなって返ってきた、そういう話を耳にすることがあります。

ボタンが欠けて返ってきた、表面がおかしくなった、風合いがおかしくなった。

 

これって、元の状態ではなくなっている、という事なんです。

 

汚れは落としてほしいですが、衣類そのものは壊してほしくはないんですよね。

すると、汚れを落とすことと、衣類を壊さない事を、どちらが優先かな?と考えると、衣類を壊さない事だと思うんですよ。

 

衣類が壊れていなければ、別のクリーニング屋さんで試してみる事が出来ます。

他のクリーニング屋さんならきれいにする事が出来るかもしれません。

 

 

衣類を壊さず返ってくるのはどこのクリーニング屋でも当たり前、汚れ落ちは各お店の腕の見せ所。

どうやってきれいにするか?がクリーニング屋の勝負するところですから。

 

だから、現状のまま帰ってくるのが最低品質だと思うんですね。

 

だからと言って本当にどうしようもないときの判断で、普通は汚れを落として返すんですが・・・・・。

 

 

今までは、壊さないで返す、というのが非常に難易度の高い要求だったんですね。

高度なクリーニングの知識を必要とし、色んな衣類を扱った経験を持ち、それでも事故が起きてしまう事がありました。

その理由の一つiに、取扱い表示がクリーニングに対応していなかった、という事があります。

今までの表示は、家庭洗濯についてのみ書かれていて、クリーニング店での処理は何も保障されていませんでした。

表示も適当で、信じてやったのに、というのがたくさんあったんですね。

 

 

それが変わっていきます。

 

 

12月1日から、衣類の取扱い表示が変わりました。

皆さん、ニュースやネットですでに見た方もいらっしゃると思います。

今までの表示と少し変わるんです。

でも、中身はかなり変わっていて、相当便利になっているんですね。

 

 

まず、クリーニングに対応!

これからは僕らも参考にして洗う事が出来ます。

 

さらに!製品でのテストをしたのちに表示を付けるので、表示通りに洗えば事故が起きない事を証明してくれています。

上限表示、と僕らはいっているんですが、ここまでの洗い方なら問題なく洗えますよ、というお墨付きの表示。

 

ね、便利でしょう?

 

 

これからはぐっと事故は減っていくと思います。

安心してクリーニングもご利用くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック