洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

今年はカビが多いですよ。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

 

今年は多いみたいですよ。

なにが?って、カビが生えている服が。

 

 

クリーニング屋さんには困っている方がたくさん見えるんですが、お医者さんのように今何に困っているか?その時一番の旬の問題が集まってきます。

 

どうやらそれが今年はカビのようです。

 

 

今年、9月があまりにもひどすぎました。

天気が悪すぎたんですよね。

そして、雨がとても多かった。

 

カビが生えるには条件があります。

 

 

水分があること。

気温が高いこと。

栄養分があること。

 

 

栄養分とは汚れです。

服が汚れているとカビが生えやすくなります。

なので、洗ってからしまいましょう、と呼びかけているわけですね、クリーニング屋さんは。

仕舞っておいて汚れたままだとカビが生える原因になってしまうので、その原因を取り除きましょう、と呼びかけています。

 

 

水分は湿気です。

今年は台風が多く着て常に雨が降っているような感じでした。

湿度も常に高く、あれだけ高い日が続くとそりゃ影響も出ます。

今年は天気が悪すぎたんですね。

 

 

そして、気温。

実はカビは30度を超えると途端に生えづらくなります。

雨が多く降り始めた九月、今年は気温も下がってしまったんですね。

30度を下回る日が続き、湿度も高く、汚れていれば……、一日あればカビだらけの服が出来てしまいます。

 

 

実際当店にも、カビの生えたコートがすでに数点持ち込まれています。

何とかして、と。

 

友達のクリーニング屋さんと電話をしていても、今年はカビが生えて服が多いね、と。

カビが生えた人がどれだけ多かったか、これだけでもよくわかりますね。

 

 

カビが生えた服を見つけたら、やる事は二つ。

 

 

 

一つは、他にカビが生えた服がないか?確認をすること。

クローゼットの中の服を全部確認しましょう。

目視で見て分からない時には、服のにおいをかいで。

変な臭いがしたらカビの可能性が高いので、クリーニングへ。

 

 

そしてもう一つ、カビの生えた服が入っていたクローゼットをアルコールで消毒を。

クローゼットの中をアルコールで消毒をすることで、カビの生えやすい環境をなくします。

消毒用のアルコールできれいに全部を拭いてあげましょう。

 

 

今年はとても難しい年だったと思います。

もしかすると、ちゃんと洗ってしまっておいてもカビが生えてしまった人もいるかもしれません。

それほどカビに有利な環境が整ってしまった年だったと思います。

 

 

今からでも間に合います。

カビが生えているか確認をしましょう。

そして必要なものはクリーニングへ。

 

衣替えでまた服を仕舞いますから、クローゼットの中も消毒して万全な状態で夏物を仕舞ってくださいね。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック