洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

自分で洗えるって書いてあるけど…。

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。

 

 

皆さん、洗濯絵表示はちゃんと確認されていますか?

買う時に確認をしたり、洗う前に確認をしたり、服をメンテナンスするときにとても大事な表示になります。

 

 

水で洗える。

ドライクリーニングが出来る。

漂白が出来る。

日陰干し。

 

 

などなど、どうやって洗えるか?洗濯絵表示を見ればわかるわけですね。

現行の洗濯絵表示は、出来るものが表示されています。

こうしなさい、というものではなく、これで洗えますよ、という表示です。

 

 

つまり、水でも洗えますし、ドライクリーニングもできます、というような表示になるわけですね。

 

 

どっちで洗うのがいいのか?どっちでも洗えるとは言うけど、どっちが良いかなんてわからない、と思うんですよ。

実際、クリーニングの集配でお伺いした時に、これ洗えますか?というご相談を受ける事があります。

家でも僕らでもどちらでも洗えるんですが、ではどっちが良いか?は皆さん迷っているようです。

 

 

もちろん、明確に違いはあります。

 

 

水洗いは、さっぱりしますよね。

特に、今の時期は汗をよくかいていますから水洗いはとても有効です。

しかし、反面、生地に負担が多くかかるので、洗いあがった後に変わってしまう事もよくあります

 

柔らかさがなくなった、とか、縮んでしまった、とか、色が少し変化した、とか。

どうしてもそういうリスクが出てしまいます。

 

 

片やドライクリーニングの特徴は、そのまんまの形で洗いあがる事です。

色も変わらず、縮まず、変化せず。

発色のいい服は色のいいまま着たいじゃないですか。

それを維持したまま洗えるので、気にった服をそのまま着たい時に重宝します。

 

しかし、クリーニングに出すと、日数がかかってしまいますよね。

家で洗えばすぐ着る事が出来るけど、クリーニングに出すと、時間がかかってしまう。

そこも悩みの種、みたいです。

 

 

お客様によっては、自分で洗えるって書いてあるから、自分で洗うわ、という方もいらっしゃいます。

逆に、自分で洗えると書いてあるけど、クリーニングに出したほうがきれいになるからお願いします、という方もいらっしゃいます。

 

 

クリーニングに出す方がきれいになる、そうなんですよね。

なぜなら、汚れに合わせてドライクリーニングも水洗いも両方するから。

さらに、仕上げまでするので、きれいになって、自宅で洗ったような着古し感もないんです。

 

お金をかけただけある、という事ですね。

 

これから暑くなって服の洗濯には悩むと思います。

洗うとどんどん傷むし…と悩んでいるなら、思い切ってクリーニングに出してみてはいかがでしょうか?

洗い上がりに大満足すると思いますよ。

 

 

ぜひ、お試しを。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お洗濯大好き!


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック