洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

水で洗って怖いのは、縮むことじゃありません。
今日の洗濯の扉は、東京都府中市 一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。




衣替えがいよいよ本格化してきました。
ゴールデンウィークを挟んで、たくさんのクリーニング品が集まってきています。
僕らにクリーニングが集まる、という事は家庭での洗濯もピークを迎えていることと思うんです。


これはクリーニングに出すもの、これはうちで洗うもの、こんな風にみなさんうまく仕分けされていると思うんですね。
ネット上でも、洗ってみた、なんていう体験談が載っていたりしてたまにぼくも読んだりしています。

皆さん、ご家庭で水で洗う怖さをやはり感じているようですね。


ちゃんと洗えるんだろうか?不安なんでしょう。
どんなことが不安なのかな?とみていると、ほとんどの人がこんな感じで書いてあります。


縮まないか?
シワにならないか?


うまく洗えた!という人も、縮まなかった、シワにならなかった、と書いてあるので、やはりそこがうまく洗えたかどうかのラインなんでしょうね。


実はクリーニング屋さんから見て、水で洗うリスクというのは縮みやシワだけではないんです。
水で洗うか悩む大きな理由があります。


それは、腰が抜けないか?という事。


水で洗うと、テロンテロンになってしまうんですよ。
アイロンをかけても、一時はびしっとなりますが、すぐ線が消えて腰が抜けちゃう。

よくみなさんが型が崩れる、と言いますが、まさに着ていてそんな感じになってしまうんですね。


服の腰が抜けるとどうなるか?といいますと、長持ちしなくなるんですよ。


一気に古ぼけたような服になってしまうんですね。
着ている人が一番わかっていると思いますが、腰が抜けてテロンテロンになった服は着づらいんです。
まとわりつくようだし、かっこよく見えないし。

それでも今の洗剤は性能が上がっているので、一回や二回ではそこまでひどくならなくなりました。
ところが、やはり避けられないらしく、徐々にダメになっていきます。
結果的に、もう着たくない服になってしまうんですよね。


ドライクリーニングをしても服の腰はなくなりません。
これがドライクリーニングの利点の一つでもあります。
腰がなくならないから、ドライクリーニングをすると長持ちをする、という事につながっていくんですね。


衣替えで仕分けをするときには。


長く着たい服、来年も着たい服、と。


あと一年着れればいい服、と。


こんな分け方をしてみてもいいと思います。
そして、もう着ない服はバッサリと処分を。


リサイクルに出すもよし、捨てるのもよし。
まだ着る事が出来るのであれば、リサイクルして欲しいですが・・・・。

自分が着ない服は置いてあっても着ません。
クリーニングや洗濯は次もまた着るためにするものですから。
ぜひ、上手に仕分けて衣替えをしてみてくださいね。






JUGEMテーマ:お洗濯大好き!

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック