洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

家で洗えるものでもクリーニングに出す理由は?
今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。


最近は洋服を買うと店員さんから必ずと言っていいほどこういわれるそうです。


この服は家で洗えますよ。



服を販売するに当たり、家で洗えるというのはアピールポイントなのだそうです。
毎回クリーニングに出すともったいない、自分で洗いたい、そんなニーズがある、という事みたいですね。

そんな話を、あるお客様としておりました。
すると、そのお客様、こんな事をいうんですね。


何でもかんでも家で洗えるって店員さんは言うんだけどさ、よくそんな事言えるなって思うんだよね、と。


だって、この服を家で洗っちゃったら絶対今のような状態にならないじゃない。
確かに洗えるのかもしれないけど、買ったときの感じと違ってしまうんだったら、私はクリーニングに出すわ。


なるほどなあ、と思いました。
これも家で洗える服をクリーニングに出す理由の一つですね。

男性と違い女性は細かい違いによく気付くんだそうです。
見えている色の違いも男性よりも女性のほうが多いらしいですからね。
また、女性は体のパーツを見て、だれか?わかるそうです。
服の変化なんて一発で分かってしまうんでしょう。


服って、買う時や着るときは、イメージしているものがあると思うんですね。
この色がいいから買った、とか、この柔らかさがいいから買った、とか。
いくら家で洗えても、その良さが損なわれてしまっては意味がない、と考える人はたくさんいらっしゃいます。

わざわざクリーニングを利用する理由になるんでしょう。


昔は、いい服はクリーニングへ、とか、大事な服はクリーニングへ、という表現を使っていました。
たぶん今はこういう表現は時代に合っていないんだと思います。


誰でも、どんな人でも、そう難しくなくブランド品を手に入れたり、買えたりする時代です。
ものすごく高価で手に入らないものもありますが、昔に比べてブランドの敷居も低くなっています。
その分、服への思いもまた違っているんでしょう。


その服が持つ本来の形を維持したい、とか。
柔らかさを維持したい、とか。

値段だけでなく、今その服をどう着たいか?という事がクリーニングを利用する理由の一つになっていると思います。


クリーニングに出して大事にしていた服も、ある程度着てきて元を取った感がすれば今度は普段着に卸しますしね。
こうして服も家庭内でリサイクルされていくんだと思います。


今、きちんと着たいならクリーニングへ。
間違いないですね。




JUGEMテーマ:お洗濯大好き!

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック