洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クリーニングの利用の仕方。
今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。


クリーニング屋である、僕が思うクリーニングの利用の仕方ってあります。
どんな風にクリーニングをご利用していただきたいか?

僕が思うクリーニングの利用の仕方って、普通の服がどんどん出てきて欲しい、そう思っているんです。


普通の服は自分で洗うよ、クリーニングなんてもったいない、そんな声が聞こえてきそうですね。(笑)
おっしゃる通りなんですが、その、普通の服といわれているものに、服本来の魅力を取り戻させるのもクリーニングの力のひとつなんですよ。

おしゃれな服、ブランドの服、高い服、そういうものをきれいに仕上げるのもクリーニングの技術です。
でも、僕らの仕事はそれだけではないんです。
皆さんが普段着とおっしゃっている服も、きれいにし、アイロンを掛けることで、見違えるほどきれいな服にすることが出来ます。

そこを、利用してもらいたいなあ、と思うんです。


普段着ている服ですから、当然、毎週のごとくクリーニングには出せません。
それでは普段着ではなくなってしまう。
そういう利用の仕方ではなくて、その普段着の服を、いざしまおうと言うときに、クリーニングに出してから仕舞おう、そういうような文化が寝ずいていって欲しいと思っているんです。


昔はあったんですよ。



衣替えの時期になると、着古した服をお持ちになるお客様が沢山いらっしゃいました。
皆さん、言うのは同じ。


これ、もう捨てようと思っているんだけど・・・・・。



確かによれよれで、色も薄くなっているような気がします。
だめもとでもう一度洗ってみるわ、と言ってクリーニングにおいていかれるんですよね。

一週間後。

引き取りにこられて、よれよれの服をお渡しすると、これまた皆さん同じ言葉を発する。(笑)



捨てようと思ってたけど、これならまた来年も着ることができるわ!と。



こんなことが数年続くとこんなことを言われるんです。



クリーニング屋さんがいいんで、中々服を捨てられないのよね、と。


嘘のような本当の話。
僕らクリーニング屋さんが洗って仕上げると、よれよれの服に命が入ったかのように、きれいになる。

また、着ることができるんですよ。


普通にあったこんな出来事が、今は少なくなってしまいました。
あきらめちゃう人が増えたんですよね。


もうこれダメでしょ・・・・、と。


それをね、何とかしたいなあ・・・・、と言うのが僕の夢。
ブランド服や高価な服をきれいにするのもいいんですけどね、また着れちゃうじゃない、とお客さんに言わせたい。(笑)
そういうクリーニング屋さんでありたいなあと思います。


もうダメかな、と思うような衣類がありましたら、ぜひお近くのクリーニング屋さんまでお持ちになってください。
そして、復活した服を見て、また着れちゃうじゃない、と一言言ってほしい。(笑)
夏物を入れ替え始めるこの時期が一番いいですよ。

ぜひ、クリーニングの力を試してみてください。







JUGEMテーマ:日常

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック