洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

一番困るのは、しみの種類が分からないときですよね。
今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。


先日、友人の横倉さんがテレビに出演していました。
魔法水なる、とても便利な染み抜き剤のお話をされて実演されていましたね。
とても詳しく、また出来ないものなど注意喚起も分かりやすく見せてくれたので、参考になった消費者の方も多かったんではないか、と思います。


ネット上には、染み抜きのやり方を説明してくれるサイトが増えました。
素人から、プロのクリーニング屋さんまで、さまざまな人が家庭で出来る染み抜きの方法を教えてくれています。


見ていて僕が思うのは、しみや汚れ絵の種類、服の素材が分かっているときはいいなあと思うんです。
でも、たいていが汚れがいつついたか分からないし、何の汚れがついたか分かりません。
しみの種類によっては、間違った方法でやると余計にひどくなるものもあるので、しみの種類が分からないときには厳しいなあと思うんです。



クリーニング屋さんとご家庭での染み抜きの一番の違い。

それは、分からないしみでも落とせるところだと思います。
家庭では、繊維の知識やしみの知識、洗剤や漂白剤の知識などがないので、一定の条件の下でできるしみ抜きしかやることが出来ません。


汚れの種類が分かっていて、生地の種類が分かっていて、生地の色もある程度特定されていて、などですね。


これらの条件がそろっている前提で、染み抜きをおこうなうことが出来ます。


ところが、クリーニング屋さんの場合、生地は見て確認をすればいいですが、汚れの種類はお客様のいつつけたか何をつけたか分からないので、不明なことが多いんです。
それでも、きれいにしなければいけない、いや、するんですよ。(笑)

クリーニング師という国家資格には、しみの判別と言う項目があります。
ついているしみを見て、どんなしみか?判断すると言う試験があるんです。
また、分からなくても、経験からまたその場でテストをしてみて、最適な染み抜き方法を選ぶのもプロのやり方。


知識と経験があるから出来る芸当ですね。



しみの種類が分からないとき、そんな時は、やってみよう!ではなく、クリーニング屋さんへお持ちください。
それがきれいになる一番の近道になります。







JUGEMテーマ:日常

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック