洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

家で洗えないものを洗うのがクリーニングではないんです。
家で洗えないものは、クリーニング屋さんへ!


こんな言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
この連休で、衣替えをしようと思っている方がたくさんにいるはず。
かく言うクリーニング屋の僕でさえも、連休のときに自分の服を洗って仕舞おうと思っています。(笑)


どんなものをクリーニングに出すか。
家であらないもの、自分で染み抜きできないものを、クリーニングへと思う方が多いんでしょうか。

家で洗うのが主流でそれで出来ないものをクリーニング屋さんで補間。


うーん、とてももったいない。
もっと、上手にクリーニング屋さんを使って欲しいと思うんですよ。

家で洗うものと、クリーニングするものは、根本的に違うんです。


家で洗うのもは、基本毎日着替えるもので、なおかつ服の状態にそれほどまで気を使う必要のないもの。
たとえば、パンツや下着、Tシャツなどですね。
パジャマなんかも、これに入るかな。
休みの日に着ている、だらっとした服も別にしわくちゃでも気にしないので家で洗います。

では、クリーニングに出すものとは?

服本来の風合いや、色合いなど、変化して欲しくない衣類をクリーニングに出します。
大事な服だったり、高価な服だったり、お気に入りのものだったり。
家で普段着ているものでも、硬くなったり、古ぼけてきたり、縮んだりさせたくなければクリーニング屋さんへ。

こんな風に分けて考えているんです。

僕らクリーニング屋さんでも、クリーニング屋さんに出すということは?ということを常に念頭においてあります。
ただきれいにすれば良い訳ではなく、服本来の柔らかさ、色合いを維持しつつ、綺麗にしないとっていつも思って仕事をしているんですよ。
せっかくお金を出してクリーニングするのに、これくらいやらないと意味ないですよね。

服は、家でも洗えるんですよ。
だけど、クリーニングと家では仕上がりに差が出ます。

家でできないものをしぶしぶクリーニングに出すのではなく、これは家で十分、これはクリーニング屋さんで綺麗に!とアクティブに使い分けて欲しいなと思います。


この春の衣替えで、来年また着ることができるか?決まりますよ。
ぜひ、この連休のどこかで、衣替えをしちゃってくださいね。



今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りしました。








JUGEMテーマ:お洗濯大好き!

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック