洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クリーニングをなんでするのか?

なんで服をクリーニングしなければいけないのか?

この疑問にちゃんと答えてくれた人はあまりいない様な気がします。
 

洗濯でもいいじゃん!
ファブリーズでいいじゃん!
 

そんな声が聞こえて来そう。

また、ファストファッションの様に服も安くなって来ています。
洗わないで使い捨てをする人も出て来そう。

 

なんで、おうちクリーニングではないのか、

なんで、クリーニングなのか。

 

クリーニングをする理由、皆さんはどう考えますか?

 

汚れを落として綺麗にするため。

洗って匂いをなくしたいから。

シミを取ってもらいたいから。
 

いろんな理由があると思いますが、
僕はここでクリーニングをする三つの理由をあげてみたいと思います。

 

一つ目。
 

汚れを落とし、綺麗にするコト。
 

着用していると服はどんどん汚れていきます。
そのままだととても不衛生、不潔ですよね。
クリーニングは、家では使えないシミ抜き剤や洗剤などを使い、
また専用の機械を使いながら、より汚れを落として綺麗にしています。


 

二つ目。
 

服の持つ機能を回復するコト。
 

服は汚れてくると、服が持つ本来の機能が損なわれます。

わかりやすいのが、着ても暖かくなくなる。


ダウン製品などで経験されている方が多いのですが、
本来、暖かいはずのダウンジャケットが、気がついたら暖かくない。

それは、汚れが原因なんです。

また、汚れていると、汗を吸わなくなったり、
生地がごわついて来たり、もっと柔らかく気持ちのいい服だったはずなのに、
ガサガサゴワゴワして気持ち悪くなったり。


クリーニングは、服が持つ本来の機能を回復させる効果があります。

ダウンジャケットは暖かくなり、ゴワゴワした服は、肌触りが良くなります。

 

三つ目。
 

服本来のおしゃれな、かっこいい形に戻るコト。

 

服は着ているうちに体や動きに合わせて、形が崩れて来ます。
服本来の持つ形でなくなってくると、見た目がとても悪くなる。
 

本当はいいブランドの服なのに、
こんなヨレヨレに見える様な服ではないはずなのに…、

そんな経験、ありますよね?


質が悪いんだな、と諦めてた方も多いと思います。
 

クリーニングは、洗った後に、
機械やアイロンを使い、服本来の形に戻す様にしています。

つまり、見栄え良く、かっこ良く見える様にしているんですね。
 

この様に、クリーニングの目的は、

綺麗にするコト、服の機能を復活させるコト、姿、形をカッコ良くするコト、の三つあるんです。


 

服は、どんな人でも着ています。


子供から大人まで、男性から女性まで、
肉体労働をしている方からデスクワークをしている方まで。

いろんな人がいる様に、服の目的もたくさんあります。
 

おしゃれを楽しみたい人、仕事着、制服、普段着。
着方によって、洗うという行為も皆さん違います。

が、しかし、実はクリーニングという物は、みなさんの目的に沿う様になっているんですね。
 

家で洗っていただいても構いません。
でも、どなたがクリーニングをご利用していただいてもいいんです。

高い服じゃないし。

そんなの関係ありません。
高くても安くても、クリーニングは必要ですよ。

どうせ仕事着、作業着だし。

全然オッケーです。
家で洗っても落ちなくて困ってる、ゴワゴワしてしまって着づらい、
もっと暖かいはずなのに、全部お任せください。

クリーニングはみなさんの生活に対応していますから。

 

もし、クリーニングしようか迷った時、
なんでクリーニングするのか?を思い出してみてください。
 

三つのうち一つでも当てはまれば遠慮なく、クリーニングへ。



お待ちしてますよ。

 

今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りしました。


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック