洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

誰も教えてくれない、クリーニングの話。
クリーニングの話って、誰も話さないんですよ。
クリーニング屋さんも、色んな所で講演や実演をしていますが、しみ抜きや洗濯の話しはするけれども、クリーニングの話をする人はあまりいないんです。


しても、さわりだけで、本当に消費者の人が必要なクリーニングの話って、聞いたことがある人っているのかなあ?


クリーニングに出すものってどんなものが向いているのか?


こんな話、あまり聞いたことはありませんよね?
ドライクリーニングとは、溶剤とよばれる油で洗って・・・・なんていう話しは一度は読んだことがあると思います。
でも、消費者にとって、油で洗うのとか、さして重要な話ではないんですよね。


大事なのは、ドライクリーニングは何が洗えるの?と言うこと。
どういうものを選んでクリーニングに出すのがいいのか?という事が大事なんです。


所が、しみ抜きや洗濯の仕方を教えてくれて、それ以外の難しいものはクリーニングへ、とこれでは何を洗っていいのかわかりません。
そもそも、自分で出来るのと、した方がいいと言うのは違うはず。


これは自分たちで、これはクリーニングに出した方がいい、と言う線引きをしっかり見せてくれる話をしてくれる方がよほど消費者はうれしいと思うんですよ。



本当の、クリーニングの話ってまだ誰もした事はないと思います。
だから、どう利用していいか、わからない人が多いんじゃないかなあと思うんですよね。
洗濯の仕方や、しみ抜きの仕方を教えるのと同じくらい、クリーニングに出すべきものをしっかりと伝えてあげると喜ぶと思うんですけど。


クリーニングに出した方がいいものは、素材とデザインで分類されるんです。


まず、ウール系、これはクリーニングが適しているんですよ。
ウール系、ウールやカシミヤ、アンゴラ、アルパカ、などのいわゆる獣毛素材と呼ばれるものです。
動物の怪我これに当てはまります。
これらは、水でも洗えるんですが、風合いなどを出来る限り維持する為に、ドライクリーニングがあっています。
洗った後の風合いは、元の通り。
水で洗ってしまうとどうしても腰が抜けてしまうんですが、ドライクリーニングですとそれがありません。
ウール系は、クリーニング屋さんに任せるほうがいいと思います。


次にデザインで考えてみると、コートやオーバー、スーツなど、クリーニングがいいんですね。
これらは、シャツなどに比べ、デザインが複雑で、洗った後のアイロン掛けが必要な品物。
また、アイロン以外に、風合いを維持する為の必要な機械が、クリーニング屋さんにしかありません。


百歩譲って自分で洗えたとしても、その後にまた着る為にアイロンを掛ける事を考えると、クリーニング屋さんに出すのが賢明な判断ですね。
きちんとアイロンをかけてもらうと、気持ちよく着る事が出来るばかりか、長持ちするようになります。



汚れによっては、水洗いの方がいいんじゃないの?と言う方もいらっしゃると思うんですね。
みなさんよく勉強されていて、ドライクリーニングでは汗などの汚れが落ちない、そんな事をおっしゃる消費者の方もいらっしゃいます。


その点も大丈夫。


クリーニング屋さんでは、汚れに合わせて洗浄方法を変えます。
仮に水洗いをすることになっても、きちんとアイロンをかけ整形をしてくれるので、風合いを維持しやすくなるんです。


洗い方などを指定するのもいいんですが、やはり餅は餅屋、プロに任せた方が安心ですね。


今日はクリーニング屋さんに任せた方がいいもの、で書いて見ました。
これ、シリーズ化できますかね?(笑)
かいて欲しい事がありましたらコメントへお願いします。(笑)



今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りしました。










JUGEMテーマ:お洗濯大好き!

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック