洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

生地の色が変わるということ
衣類の色が変色してるのってありますよね。

紺色の服の襟もとが赤くなってたり、
不思議な白い丸が沢山あったり、
肩のあたりが筋状に色はげしてたり。。。

このように色が変わっている原因も、
一つの要素だけでなく
様々な事が考えられます。


一般的に汗で色が変わったとか、
太陽で日焼けしたとか、
良く聞いたり体験されたり
していることと思います。


で、その他にも

ガスで色が変わったり、
蛍光灯で変わったり、
漂白剤で変わったりと、

沢山あるんですね。

消臭スプレーでの変色などもあります。



基本的に、色が変わっているのは、
元の生地の色が変化したり
色が抜けたりしたりしているので、
完全に元に戻すことが出来ません。


最近では、技術の高いクリーニング店など
多いですので、染色して直すところなども
あるかと思います。


が、、これは完全に元通り!というわけでないし、
個人的には、
基本的にここまでの状態にならないように
していくことが大切かと思います。
※特殊な技術なため、
結構なお金発生しますからね〜

人間が病気にならないように、
日々の運動やバランスの良い食事を
したりして健康管理してるのと同じく、

衣類も、服をバランスよく着たり、
定期的に洗ったり、保管方法に気を付けたりと
健康管理をすることが大切ですね。


先日、お客様とお話ししていて、
ちょっと、不思議な保管方法を
聞きました。ネットで見ると口コミサイトなどで
載っていました。


でも、我々衣類のプロからすると
少し疑問な方法。


こちらはまた、正しい情報を調べて
得てから公開しますね。



とにかく、

変色という重症になる前に
衣類の定期的な検査や健康管理
をどうぞ大切にしてください。


衣類のメンテナンス方法で
お困りの事ございましたら
お近くのクリーニング屋さんへ
ご相談ください。

以上、
本日の洗濯の扉は、
兵庫県姫路市のヨネイクリーニング代表:
米井敏進 がお送りいたしました。


 

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック