洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

しみ抜きだけでいいですか?
暑い日が続いています。
東京では連日猛暑日、四国の方では大雨で被害が出ている模様。
皆さん、お気をつけくださいね。



今日の、洗濯の扉は東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。



たまにあるんですが、しみ抜きのご依頼だけ、頼まれる事があります。
クリーニングではなく、しみ抜きだけ、です。

他は汚れていないので、シミの部分だけきれいにしてもらえばいい、安く済むという判断もあるのかもしれませんね。



僕はそういう時、ダメですよー、と言うんです。


たとえばね、買って着る前に汚しちゃった、と言うのならいいんです。
でも、みんな着用をしていて、それなりに着ている。


するとね、シミ以外全体が必ず汚れているんです。


そういう服を部分的に染み抜きをするとどうなるか?
染み抜きした所だけがキレイになって、逆にその部分だけ周りの色と違ってしまい、しみに見えてしまうんですよ。
結局、全体的に汚れているので、その部分だけと言うわけには行かず、全体のクリーニングも必要と言う事なんですね。


テレビでよく出ているカリスマ修復師の方と以前お話をさせていただいた事がありました。
その時彼はこういってたんですね。


部分的にしみ抜きや修復はしますけど、最後は必ず全体を洗います、と。
そうしないと、全体的に均一にならないから、と言っていました。
この話に僕も納得。
全体のクリーニングは絶対必要なんですよね。


家で洗って、その直後につけたら、しみ抜きだけでいけるでしょ?


そう思うかもしれません。




ダメなんですね、家での洗濯では。
汚れが落ちていると思っているだけで、うっすらと汚れが蓄積している事が多いんです。
家で洗っていたのをクリーニング屋さんに出したら、見違えるようにキレイになった、そういう人って結構多いんですよ。


しみが付いてしまって、クリーニング屋さんに任せようと思ったときは、全て任しちゃうのがいいと思います。
クリーニング屋さんの判断で、染み抜きから全体のクリーニングまで、全てやってくれますから。


しみが付いたら、クリーニング屋さんに任せて安心!
これですね。





JUGEMテーマ:お洗濯大好き!

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック