洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ファブリーズを掛けたらしみになったのはなぜ?
クリーニング屋をしていると、色んなご相談を受けることがあります。
先日も、あるお客様からこんなご質問を受けました。



ファブリーズを掛けたらしみになったんだけど・・・・・。



スーツや制服の通常のお手入れとして、ファブリーズなどを代表とする、抗菌消臭剤を使っている人が増えているようです。
・・・・・・、菌を殺したいんでしょうね。
菌があると不潔だから、それがなくなれば清潔、と言うことなんでしょうか。


そこで、吹きかけた時にシミになってしまってびっくりする、という事が結構出ているんです。
キレイにしようと思っているところでシミになるわけですから、慌ててしまいます。



抗菌消臭剤が悪いのか?
商品自体に問題があるのか?
そういったご質問がクリーニング屋さんにはやってくるんですが、原因は二つほど考えられると思うんです。


一つは、衣類自体に問題のあるケース。

衣類は、染色堅牢度と呼ばれる生地の色がどれくらい強く染まっているか?と言う事を表している尺度がありまして、これが弱いとふとした拍子に色が抜け落ちる事があります。
雨に濡れて、色が抜けてしまうものもあるんです。
たとえば、染色が弱くて、抗菌消臭剤を吹きかけた時に、色が流れてシミに見える、そういうこともあります。


もうひとつ、こちが一番多い理由ですが、服が汚れているんですよ。
埃や汗がついていて、そこに抗菌消臭剤を吹きかけることで、汚れが浮き出て、しみになるんです。


本来、洗わなければいけないほど汚れているんですが、抗菌消臭剤でごまかし続けていると、一時的に菌はいなくなっても、汚れはどんどん蓄積していきます。
そして、吹き掛けたら・・・・、しみになってしまうわけですね。



ここが抗菌消臭剤の怖いところだと思います。



CMや宣伝を見ていると、あたかも洗っているかのような印象を受けます。
これを吹きかけていればキレイになるような、そんな錯覚をしてしまう。
でも、汚れは残っているんですよ、菌の餌はいつまでも残っている。
だから、一時期、抗菌されてもまた次に着用すると、においが発生するんです。


汚れた服を元に戻すには、洗うしか方法はありません。


一時的な対応として、消臭剤はありますが、洗わないと根本的な解決にはならない。
根本を解決しないと、最後は破れる、傷むなどの害が出るようになります。



一見お手軽なお手入れ方に見える消臭剤ですが、定期的にきちんとクリーニングをする事をおすすめします。


家で洗ってもいいんですよ?
でも、それでもなお、クリーニングをおすすめするか?と言うと、大きな機械でたっぷりの液体で洗う事が出来るからです。
たっぷりとした液体の中で、洗うほうが汚れも落ちやすいし、ダメージも少ない。
クリーニング屋さんのほうが服が長持ちしやすい理由の一つです。


スーツや制服など、長く着るものほど、クリーニングへ。
理想は1シーズンに2回のクリーニングがおすすめです。




今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りしました。
ゴールデンウィーク、皆さん楽しんでくださいね。








JUGEMテーマ:お洗濯大好き!

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック