洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

私、クリーニングあんまり使わないんです。

おはようございます。
神奈川県大和市のクリーニング店店長の「のだちゃん」です。
宜しくお願いいたします。


前回の私の投稿は、ご来店のお客様が「しみぬきだけをお願いできますか?」でしたが、

今回は、昨日、当店にご来店いただいたお客様のお話を書こうと思います。


ブログタイトルにもありますが、
ご来店のお客様より、「私、クリーニングあんまり使わないんです。」と
お話をしながら、ご主人のズボン(スラックス)をお持ちいただきました。

と言うのも、
お客様は、普段、ご自分で洗っているそうですが、
洗っても取れないシミが残ってしまった」からどうしようかと。


お客様のご要望は、まずはシミを取ってもらって、
クリーニングをして全体的にきれいにしてもらいたい。

その為に、ご近所のクリーニング店を探されたそうですが、
以前、しみ抜きを断られたことがあったそうで、
インターネットで、クリーニング店を検索して、
比較的ご自宅から近い当店にご来店ただきました。


その時、お客様と私がお話したことは、

○何のシミがつきましたか?   (例 主人に聞かないとわからない)
○そのシミはいつ付きましたか? (例 主人に聞かないとわからない)
○そのシミに何かされましたか? (例 自分で洗っただけで何もしていません)
○しみ抜き代はいくらぐらいかかるのか?
○そのしみ抜きとクリーニングでどのぐらいお時間がかかるのか?

などいろいろなお話をお聞きしました。



お客様の気になるところは、
まずは、「そのシミが落ちるのか?」ですよね。

今回も、その場でしみ抜きをさせていただきました。
大きく見て、3箇所ぐらいのシミがありましたので、
まずは、1箇所をしみ抜き。少しお待ちいただきましたが、取れました。
よかったですね。



シミが落ちて安心されたお客様は、
さらにこのようなお話をされました。
ズボンの前、アイロンの線が消えてしまう(ちしない)ので、
ズボンをピシッとする方法がありますか?」と。

ご自分で洗われているので、毎回アイロンをするのが大変なのと、
これからの時期、汗をかくと太もも辺りのアイロン線が消えてしまうので、
何かいい方法があれば、やって欲しいそうです。

そのご要望をお聞きして、
ズボンの線を長持ちさせるといえば、「折り目加工」と呼ばれる方法があります。
当店では、折り目加工剤をズボンのラインに沿ってスプレーし、
しっかりプレスをすることによって、ラインを取れにくくすることをしています。


今年は、電力需要の影響で、汗をかいてしまう日が多くなるでしょうね。
「スーパークールビズ」とも言われて、カジュアルな服装で夏を乗り切ろう。
とも言われておりますが、そうは出来ない方もいらっしゃるでしょうから、
そうなると、折り目加工を利用するのも良い方法だと思いますよ。


また、クリーニング店よっては、リントラクやシロセットなどの折り目加工などもあるので、
ご自分のご利用なさっているクリーニング店にご相談して確認されてはいかがでしょうか?



お客様といろいろなお話をすると、いろいろなご要望が出てきますね。
みなさまも、お店の方とよくお話になって、
「上手に、安心して、クリーニング店」をご利用くださいね



本日の担当は、「のだちゃん」でした。
それでは、明日は「こうたろう」さんへバトンタッチ!

ありがとうございました。


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック