洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

春から初夏に向かって洗う。

洗濯の扉、本日は隔週月曜日に登場する花粉症で目が痒い、横浜の伊藤が担当です。


平成25年度も最終週となりましたね。

横浜は今週あたりに桜の開花となりますのでしょうか。

昨年は3月が異常に暖かかったでしたよね。

早々に桜が開花して、4月の入学式まで花があるか心配されたほどでした。


さすがに今年はそれほどでもないのですが、暖かい日が続いています。
クリーニング屋さんは急に活気づいてきました。


増税前の駆け込み需要」かもしれませんね。

春のシーズン2〜3ヶ月にかけて順番に品物をお持ちいただくお客様が、一日ですべての冬物衣類をお持ちいただいた、なんて話しも聞かれた先週末でした。

2週間前の私の投稿でも書きましたが、クリーニング代に対する増税分の3%なんて高が知れています。

あ、すみません。

お断りしておきますが、当店でも【増税前のお得なチャンス!】だとかのセールをおこなっています。

しかし、これなんてですよ、ぶっちゃけ毎年3月にやっている「早割」に代わって、今年のタイムリーなコピーがあったに過ぎません。


・・・説得力がありませんねぇ(笑)

まぁ、基本的には衣替えは一気にやってしまうより、春から初夏への季節の流れの中で徐々におこなうのがよろしいかもしれません。

10年前まではそんな感じでしたね。

ここ最近は、まさに短期集中型です。

以前でしたら、4月に忙しくなり始めたクリーニング屋さんが落ち着くのが7月に入ってから、なんてこともザラでした。

今では梅雨入り頃には落ち着くことが多い様ですね。

ちょっと寂しいです。(笑)

まず3月末から4月にかけては、ダウンやオーバーなどの防寒着をクリーニング

GW頃からスーツを洗い、セーターや小物を洗う。

新緑も落ち着いた頃に、毛布類を片付け始めるという感じでしょうか。

まとめてドン!もよろしいですが、このように何回かに分けてお手入れするのがよろしいかと思います。

さすがに今から重たい防寒着を着ることは無いですね。
いくら寒くとも、やはり恥ずかしいですよね。

しかし、日本語には「寒の戻り」とか「梅雨寒」という言葉もありますよね。

一度に整理されてしまいますと、そんなイレギュラーな天候に対応できなくなりますし・・・。

春から初夏の変化を楽しみながらの衣替え、今年はお試しになりませんか?

=============================================

クリーニングのイトウ商会 代表:伊藤正博

イトウ商会Facebookページ

=============================================


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック