洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ネットの情報はプロのものを。
東京は今日は雨です。


今日の洗濯の扉は東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。



私事ですが、この数日とても苦しんでおりました。
一年でそんなに仕事の多くないこの時期なんですが、仕事が少ないと他にやる事が多くなって寝不足になってしまうんですね。(爆)
この数日、平均3時間ほどしか寝ていません。
すると、どうなるか?というと、体のあちこちに異変が起きるわけです。(笑)


今回は指先に出ました。
ささくれ立ってきて、気がついたら思いっきり腫れてる。
よく見ると、尋常ではないくらい腫れていて、どうも膿んでいるような雰囲気です。

ネットが身近にあると言うのは便利で、検索をしてみたんですね。
すると、僕の異常の正体が写真つきではっきりと分かったり、原因や対処法、治療しないとどうなるか?まで事細かく知ることが出来ます。
特に怪我や病気などは、本物のお医者さんがホームページで説明をしてくれているので、安心してその情報どおりに対処することが出来るんですね。


数日間、腫れて激痛が走っていて指も適切な処置のおかげで快方に向かって来ています。


改めてネットって便利だなあと思った次第。
でもですね、今回ネットの情報が便利だなあと思ったのは、プロがちゃんと答えてくれていたからなんですよね。
きちんと資格を有し、現場で仕事をされている方が、作ったものだから安心して信用が出来る。
ネットの情報には嘘がある、と言う人がいますが、その情報もとを誰が発信しているか?と言うのはとても大切なことだと思うんです。


振り返ってみまして、我がクリーニング業界。
実は残念ながら、クリーニングの情報はプロが発信していないケースが多いんですよね。
ですから、僕らがネット上で目にするクリーニングに関連した話は、首をかしげることがとても多いんです。


何でそんなことになってしまうのか?


原因は二つですね。


一つは、クリーニング屋さんではない、クリーニング屋さんで働いていたパートさんやアルバイト君が情報を発信しているから。
元クリーニング屋です、と言う情報ほど怪しいものはないんですよ。
もとって単なるバイトやパートでしょう?と言う方、とても多いんです。
クリーニングの仕事をしていたのかもしれませんが、残念ながら正しいクリーニングの知識を持っているか、と言うと違うんですね。
ヤフーの知恵袋に出て来ている人たちで、僕らプロが見てておや?と思う人が沢山います。


もうひとつ、本物のクリーニング屋さんが情報発信をしていないんですよ。
本物のクリーニング屋さんが、きちんと情報発信をしていれば、ネットで調べているお客様が間違った所へ誘導されるようなことはないはずなんですね。
僕が今回調べたように、最後は本職のプロの意見を信用しますから。
クリーニング屋さんの情報発信が少ないのも、原因の一つだと思います。


そんな中、ここ洗濯の扉は、全員が本物のクリーニング屋さん。
経営をしているか、二代目のクリーニング屋さんばかりで書いています。
ここの話は全て本物ですよ。

もし、知りたい事があったら、遠慮なくコメント欄に質問を書いてくださいね。


クリーニングの間違った情報が世の中にあふれているのは正直見ていて悲しい。
正しい情報を広められるように、これからもどんどん書いていきましょう。








JUGEMテーマ:日常

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック