洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

年の瀬のぼやき・・笑
洗濯の扉、本日は隔週月曜日に登場する男、横浜の伊藤が担当です。

ハ〜イ!手
先週、工藤さんの記事の中で名指しされた、クリスマスをやらなかったとされる伊藤です。(笑)

明日が大晦日と言うこのタイミングにクリスマスの話題も陳腐な気がしますが、ちょっと昔を思い出したので書きますね。
たしかにクリスマス会の様な事はしませんでした。
でもケーキは買って食べたかな?
いま思うとあまり美味しくない、バタークリームが塗りたくったケーキでしたが、それでも嬉しかったですね。

サンタ?
幼稚園のクリスマス会でサンタに扮した園長先生を「サンタなんかいないやい!」とキックした悪い子の所になんか来る訳ないじゃないですか!(笑)

という訳で、私が覚えてる唯一のクリスマスプレゼントは父親が買ってくれたレーシングカーでした。
当時の流行だったんですね。
コースを組み立て、手元のスイッチでスピードを調整させながら競争させるオモチャです。
当時としては高価だったと思うのですよ。
時代を物語っているというか、私が買ってもらったレーシングカーは、車と新幹線が競争するものでした。
新幹線が開業してまだ数年ですからね・・・。
もっとも、買ってもらったのはクリスマスプレゼントといいながらも、12月の初旬でしたが。

で、そのオモチャが調子悪かったのです。
今でいえば、初期不良ってヤツでしょうか。
すぐお店と連絡を取って交換してもらおうとしたその夜、そのオモチャ屋は出火して全焼しました。

ついてない・・まったくついてない・・・。
私がクリスマスに浮かれない根底には、この事件が深く根付いているからだろうと思います。(笑)


クリスマスプレゼントを初旬に買ってくれる・・
実際、昔は子供の相手などしていられないほど、年末は忙しかったのです。
たくさん集まった洗濯物を処理するのも一苦労。

いまほど設備が整っていませんから、天気が崩れると大変です。
乾きませんから!
乾燥機など個人のクリーニング店にはあまりありません。
自分の身体に巻き付けてでも乾かせ! 職場の先輩がむちゃくちゃ言ったり・・・(笑)

そして仕上げるのは職人さんによる手作業。
暮れの三日間はそれこそ寝ずにアイロンをかけたと言っていました。

除夜の鐘が鳴る頃にお店が明るいのは、そば屋と美容院と床屋、そしてクリーニング屋。
昔の先輩方は本当に頑張ったのですね。
今では、大晦日に美容院がお休みする有様ですから、時代は本当に変わりました。
そば屋さんだって店頭販売とかでお茶を濁して、夜に営業しないところも増えてきましたね。

さすがに今のクリーニング屋さんでも、大晦日遅くまで仕事をしているなんてことはありません。
いや、仕事そのものが「暮れだから」という概念が薄まったのか、減ってきました。
なんか、日本人の考え方が変わってきた気がして少々寂しい気もします。

☆ ☆ ☆

一年間、お付き合いいただきありがとうございました。
思いつくままに勝手な事を書かせていただいていますがお許しください。
来る2014年も、皆様にクリーニング屋さんの楽しさ、洗う事のすばらしさをお伝えできたらいいなと思います。
皆様、良いお年を!

クリーニングのイトウ商会 代表:伊藤正博
イトウ商会Facebookページ

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック