洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ダウンの爆発?!
洗濯の扉、本日は隔週月曜日に登場する男、横浜の伊藤が担当です。

皆さん、先週末のふたご座流星群は観察されましたか?
ここ数年、寒空を見上げてきましたが流れ星ってなかなか見れませんね。
ところが!
今回は思いのほか、たくさん流れたのでしょか?(笑)
夜の10時頃で、数個の流星を見る事ができました。

星の観察は、寒さとの戦いでもあります。
北に住んでいう方々がきいたら、横浜の人間が何言ってる!っと鼻で笑われてしまいそうですけど。
当然、防寒着に身を包むのですが、本当にダウンというのは軽くて暖かで、ありがたいですよね。

最近はカジュアルな装いから、通勤のスーツに合わせてもおかしくないデザインが増えてきました。
お一人で2着3着とお持ちの方も多いかと思います。

何着かをローテーションで着回している方もいる反面、どうしてもアウターはこのダウンばっかりというお気に入りもあるでしょう。
お気づきになるかとも思いますが、袖口とか首回りとか汚れていません?

このダウンは「水で洗えますから、ご家庭で洗いましょう」という雑誌やTVの情報もたくさん流されています。
洗い方も色々と書かれていますね。
要はダウンジャケットの表面を綺麗にして、中身の羽毛を元通りふわっと戻せるかどうかです。

某ファストファッション店が最初に販売したダウンが薄く入ったジャケットは、ははじめから嵩張りませんから洗濯は楽です。
でも、普通のモコモコは元のモコモコに戻すリスクもありますし、洗う作業も大仕事になりがちですね。
そして、実は大変に危険な事であると一部で報道されています。

洗濯中にダウンジャケット爆発、試してみたらやっぱり爆発

じぇじぇ!中国の出来事なんですが、さすがに中国ですね〜
格差社会の不満が爆発なんて新聞記事をよく見かけますが、とうとう防寒着まで爆発ですよ!(笑)
実際は火薬で爆発した訳ではありませんけど・・。
ま、記事の内容はちょっと矛盾点もあって信用できない部分もあるんですよ。

ただいえる事は、ダウンやその仲間、嵩張る充填物の洗濯を洗濯機でおこなうとトラブルが増えると言う事です。
防寒性能を高める為に、生地の通気性を抑えています。
空気が通りにくいのですから、それより分子の大きい水は通り抜けるのは容易な事ではありません。

水を含んだ綿って重たいですよね。
そのまま、洗濯機で脱水をすると遠心力のバランスが崩れて、洗濯機が壊れると言う事例は実際に日本でも多くありました。
ただし、事故の多くは全自動洗濯機。手で脱水槽に詰め直す二槽式ではあまり報告がなかったと記憶しています。
この記事は、逆に二槽式に事故が多かったと書いてあります。
そこが矛盾、ちょっと考えればおかしいなと思うはずですが、いかんせん新聞記事を書く人は洗濯に興味ないでしょうからね。

洗うだけでこんなに大変なんです。
これから乾かして、羽毛をモコモコに膨らませて・・・なのに膨らませるどころか爆発なんて、倍返し、いえ十倍返しですよ。

悪い事はいいません。
ね・・無理をせず洗うなら、せ・〇・た・く・屋 シルブプレ〜 ですよね。




スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック