洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

いいクリーニングって?
おはようございます。
今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。



今、クリーニング屋さんがどんどん減っているんです。
しかも減っているのが、個人で営業されているようなお店。
理由は色々とあるようですが、一番は後継者不足といったところでしょうか。
次が機械が壊れた、かな。


クリーニング屋さんが辞めると言うことはとても大変な出来事なんですね。
新しくクリーニング屋さんを探さなければいけません。
でも、そこで自分にあったクリーニング屋さんが見つからなくて、苦労している方が今とても多くなって来ています。


僕はそれを、クリーニング難民と名づけて見ました。



とても大げさな名前ですが、クリーニング屋さんを探している方にとっては物凄く深刻なことなんですね。
何軒もクリーニング屋さんを渡り歩いて、それでも見つからない、といっているお客様に出会ったこともあります。
最後はうちでご納得していただいたようですが、その時のお客様の言葉はとても納得したものだったんです。



今までは当たり前だと思ってクリーニングしてたんですけどね。


他店をご利用し始めた時に、初めて今まで利用していたクリーニング屋さんがいいクリーニングだったと気付いたとおっしゃるんですね。
これって、ある意味、真理に近いと思うんですよ。



いいクリーニングって、気付きにくいものだと思うんですよね。


だって、クリーニングって、最高の結果は決まっているんです。
買ったときの状態、新品の状態、それ以上はありえないんですね。
どれだけそこに近づけるか?と言うのが僕らの目標であって、そこに近づけば近づくほど、お客様はあまり感じなくなっていきます。


今までと同じで普通に返って来てるから。


もちろん、キレイになっているので、違いはあるんですが、肌触りとか縮んだりとかそういうものの変化がないから、普通なんですよ。
最初はキレイになるので、感動もひとしおですが、その仕上がりになれてくると、普通はやはり当たり前になっていってしまうようです。



今売られている服というのは、変化しやすいものが多くなっています。


糸が細くなり、製造コストを下げるために接着剤や接着芯など簡単に作られているものが多い。
それゆえに、洗うと変化が生じやすくなっています。
そこを、変化が最小限になるように丁寧に手間隙掛けてクリーニングするから、変化がない、と言うことなんです。



普通のクリーニングと言うのは、いいクリーニングの事なんだなあと、お客様のお話を聞いて思いました。


皆さんが普段ご利用されているクリーニング屋さん、もしかするととてもいいクリーニング屋さんかもしれませんよ。
うちは当たり前にクリーニングしてもらっているけど・・・・、と言う状況は、クリーニング難民の方々からするとうらやましい状況なのかもしれません。


今ご利用しているクリーニング屋さんを大事にしてあげてくださいね。(笑)







JUGEMテーマ:日常

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック