洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

男性が女性に求めるものは?
JUGEMテーマ:日常




こちら、東京は台風で学校が休校になっています。
もう、風で家がゆれる、ゆれる。
今日は台風が過ぎるまでは落ち着きませんね。


・・・・・、ご挨拶が遅れました。
今日のブログは東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。




先日、面白いデータを発見しました。


男性が女性に望む冬服のクリーニング頻度



こういうデータって、いわゆる数字だけのものが多いんですが、今回のはリアルに男の人の生の声が入っています。
それを見ていますと、男の人が女性に求めているのはやはり、キレイさ、清潔さ、なんですね。


においがするのはちょっと嫌だなあ、と言うものや、白いコートが黒ずんでいるのもちょっとなあ、と言うものまで、よく見ているなあと思いました。
女性がきれいに見える服、白い服なんかが汚れていると逆に幻滅するみたいですね。



においもちょっと前なら香水や柔軟剤のにおいなどでごまかしも効きましたが、今は逆に強い匂いは不快感のようで逆効果になる事も。
やはり、定期的に洗うことが大事のような気がします。


データの最後には、クリーニングばかりしていると家計も苦しくなるのでおしゃれ着用の洗剤をうまく利用して・・・・と出ていました。
クリーニングは高い、と言うイメージなんでしょうね。


でも、僕はあえてここではクリーニングをおすすめします。



その理由は、洗えるのと着る事が出来るのとは違うからなんです。



どういうことか?といいますと、今のおしゃれ着用の洗剤はよく出来ているので洗おうと思えば洗うことは出来ると思うんですね。
でも、洗えたとして、果たしてもとの風合いが残っているのか?という事が一番の問題なんです。


服のきれいさって汚れだけではないんですよ。



変なしわが入っていたり、生地の表面がごわごわしてしまったり、そういう事が複合的に合わさって、きれいな見た目を作り上げているんです。
洗う事は出来る、臭いもしなくなった、でも、着ていてなんか変に見えちゃう。



こういう事ってかなり多いんですよ。



女性が勝負する服ってあるじゃないですか。
そういう服は出し惜しみせずに、クリーニングを定期的にご利用していただくのがいいと思いますよ。




全部ではなく、大事なものを、優先的に。



これで今年の冬を乗り切ってください。




関東地方の方、午前中いっぱい、大変なようです。
お気をつけくださいませ。





スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック