洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

40年の付き合いよねえ。
 みなさん、おはようございます。
今日の洗濯の扉は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。



先日、集配へ出かけていたんです。
当店では、父と私、二人が日中、集配に出ることが多く、決まった時間、決まった曜日に定期的にお伺いする集配と、お電話を頂いてからお伺いするデリバリーのような集配とを組み合わせながら配達をしています。


たまたま、父がお伺いするお客様のお宅を私が順番に配達をしていました。



父のお客様ですから、当店とのお付き合いはとても長いんです。
玄関先でお話をしまして、当店との馴れ初めからいかにお付き合いが長いか、お客様からお話をうかがいました。


当店とこうして集配のお付き合いが始まってから、もう40年になるそうです。
お子さんが生まれたときに、クリーニングに出しに行くのが大変になったとかで、当店を紹介されて利用したのが始まりだそうで。
それから、3度の引越しをしてきましたが、その間も変わることがなく当店をご利用してきてくださいました。



お宅に任せておけばいいのよね。
だって、一生懸命してきてくれるもの。



とお客様からの言葉。
父が40年かけてきた信用ってこういうものなんだなあと思いました。



実はこういうお客様は、意外と多いのです。
最近はデリバリー方式でクリーニング屋さんとお付き合いをされている方が多いですが、昔は定期集配がほとんど。
そして、そういうお客様は、今もクリーニング屋さんとお付き合いをしてる事が多いんですね。
当時、日本は高度経済成長期。
世の中の発展と共に、皆さんが頑張って働いていた間、共にクリーニング屋さんも頑張っていたんですね。



そんな歴史を垣間見たんですが、同時に僕ら二代目さんには少々恥ずかしい話も。



僕らの子供の頃までご存知なんですよね。(笑)




昔は子どもをつれて集配に出かけるのなんて当たり前ですから、長いお付き合いのお客様にはかわいがっていただきました。



あらー、あんな小さかった子どもがこんなに大きくなって!
あの時はね・・・・・、なんて話しをされると、どんなに恥ずかしい事をしてきたのかと赤面してしまいます。(笑)


僕の人生ともリンクしているんですね。




改めて、クリーニング屋さんは皆さんと共にあるんだなあと実感。
多分、これからもこういうお付き合いは変わらないんでしょうね。
今僕が受け持っているお客様とも、二十年後当たりに同じような会話をすることになるんでしょう。


ふふふ、子供がなんていわれるかちょっと楽しみだ。(笑)








スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック