洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

祭りのあと
まるで熱帯のような季節がやってきています。


地方によっては
過去まれに見ぬ突然の豪雨が降ったりと
日本の気候も年々変わってきていますね。


日中は熱中症、
突然の大雨などに川や海でのレジャー中に
気を付けなければなりません。


どうぞご注意を。



さて、そんな夏。


夏と言えばやっぱり夏祭り!

花火大会や盆踊り大会など
各地で行われているものと思います。


男性、女性とも
日本の祭りで着用される
伝統的な衣装が、



浴衣(ゆかた)。



浴衣も最近では沢山の色、柄、模様があり、
価格も高価な物から比較的リーズナブルなものまで
沢山の種類があります。

ユニクロなども浴衣を売る時代ですから、
どんな方にでも気軽にファッションとして
楽しめるアイテムになってきたんですね。



そんな浴衣。


使い終わった後は、
皆さんどうされていますか?


シミが付いた部分などを
水を含ませたタオルで拭いて、
そのまま、翌シーズンまで仕舞ったりしていませんか?




浴衣は、
あなたの大量の汗を吸っています。



祭りの時に食べたモノ、
他の人が食べていたモノの
飛び散ったシミなどもあるかもしれません。



裾なんかには土埃や泥なども付く事も…。



先ほど申し上げたように突然の雨なんかきちゃったら、
雨の汚れなんかも付いてもう大変(汗。






お祭りは、それだけ
汚れの付きやすい環境なんですね。




そこで!!

やっぱり汚れは
洗い流す事が必要なんです。




自宅で洗える浴衣なら、
絶対洗ってしまう方が良いです。



洗い方がわからない場合は、
クリーニングに出しちゃう方がベストだと思います^^;。


クリーニング屋さんの



浴衣のクリーニング工程


水洗い&しみ抜き
糊付け
アイロン仕上げ
浴衣たたみ
包装


と、翌シーズンにキチンと安心して着れるよう
バッチリな処理方法で
クリーニングを行っています。


これだけ、家庭でやろうと思うと
大変な労力もかかるかもしれません。


特にプロの糊付け、アイロンで
浴衣は張りのある、ピシッとした浴衣となるので
あなたの美しさを倍増させますしねっ^^。


洗濯表示(ケアラベル)で家庭洗濯OKのモノでも
クリーニングに出して大丈夫です!
特に恥ずかしい事でも何でもないですから。


翌年また着る時のためには、
洗って仕舞っておきましょうね。


ジャパニーズビューディーに
なるために…。
(スミマセン、最後意味不明ですね^^;)



以上、


本日の洗濯の扉は、
米井敏進(よねちゃん)  がお送りいたしました。








スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック