洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

洗顔から見る衣類のよごれ

夏本番です。


もう梅雨は明けたようです。


ほんと暑いです。
毎日猛暑ですし・・。

汗を掻くと顔も体もベトベト。
ほんと気持ち悪いですよね〜。


そんな時は早く帰って洗顔をしたり
お風呂入ってすっきりしたくなります。



特に
女性はお化粧しているので、
夏場のお肌の手入れは
大変なことだと思います。


なんとなく
洗顔の事を調べていると
洗顔って衣類の洗濯に近いな〜と思いました。


肌につく汚れも 服につく汚れも
基本的に一緒。

だって、

顔の汚れは

「肌から出る汚れ」と「大気などの汚れ」「メイク汚れ」。



服に付く汚れの大半も、

「肌から出る汚れ」や「塵やホコリ汚れ」

そして女性なら「メイク汚れ」なんかも服に付きますよね。


男性も、、、、、


ワイシャツに口紅とか、、、、(笑。



ま、



それは置いといて…(汗




肌に付く汚れを分けてみると、

 油性汚れ:メイク、肌の中から出てくる皮脂、大気中の油分
 水性汚れ:チリ・ホコリ(菌)、汗(尿素・塩分)、古い角質(垢)など

とこんな風になります。


衣類に付く汚れの大半も分けると似ていて、

油性汚れ水性汚れに分類されます。



洗顔では、

クレンジングで油性の大半の汚れを落とし、
後は、泡立てた石鹸などで水性の汚れを軽く落としていく。

これをダブル洗顔っていうんですね。
(女性から当たり前という突っ込みがきそうですね^^;)。

 
そういえば、
クリーニング屋さんにもダブルクリーニングって
メニューをしているお店もありますが、

それは、

油性汚れの除去=ドライクリーニング
水洗い・水性汚れの除去=ウェットクリーニング

の二つをしている訳なんですね。

メニューはなくても
この洗い方をやってるお店もたくさんあります。




洗顔に洗い方のコツがあるように
洗濯にも洗い方のコツがあります。


そして
洗顔で、肌の質に合わせ
クレンジング剤・洗顔剤・洗い方・すすぎ方を変えて洗うように

クリーニングでも
素材・デザインに合わせて
洗剤・洗い方・すすぎ方などを変えて洗っています。


こんな風に考えると



洗顔も洗濯も

洗うって意味では一緒だな〜っと思います。



私、男ですが
なんだか、こんなこと書いていると、
クレンジングから始めてみたくなってきました^^。

残業して、

顔もテッカテカなので

早くお風呂に入って正しい洗顔したいと
思います(笑。


服も洗ってキレイにしよっと。


以上

本日の洗濯の扉は、米井敏進(よねちゃん)  がお送りしました





スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック