洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

この時期 衣類の「保管」にご注意を!
  皆様お疲れ様です(^^)

 クリーニング師・繊維製品品質管理士 の村山@京都です。

  6月も下旬に入り、当初は空梅雨かと心配しましたが、今日あたりから台風の影響も有ってかなりの雨量で逆に水害の恐れも出てきました。

そんな時期ですが、皆様はもう冬物衣料の衣替え・仕舞い洗いはお済ですか?

未だの方は次のシーズン、気持ち良く着こなすためにも今からでも是非クリーニングに出して大切なお気に入りのご衣裳のケアーをしっかりして上げて下さいね。

で、すでにクリーニングを済ませた皆様へ。

皆様はそれらのご衣裳、どのように保管されていますか?

クリーニング店の保管サービスなどをご利用の方はよろしいのですが、自宅などで保管されている方はこのシーズン、お気をつけて頂きたい事が有ります。

それは「湿気」です。

今は梅雨のシーズン、そしてこの後は高温多湿の夏へと季節は移って行きます。

エアコンなどで人の居る部屋は快適な環境になっていますが、ご衣裳を保管されているクローゼットやタンスなどの中は有る意味閉ざされた空間、その中までは快適な条件とはなっていないケースが多いと思います。

その為湿気が一旦籠りますとなかなか抜け難くて、その湿気で衣類によっては染色に影響が出たり、なんと言っても「カビ」発生の恐れが有ります。

そこで天気が良い日には時々クローゼット、タンスのある部屋の窓とそれらの扉や引き出しなどを開け、もし衣類にカバーが掛かっていたらカバーを外し、風通しを良くして、直射日光の当たらない所に吊っておかれるとかなり「湿気」に起因する害を防げます。

また中々窓を開放する時間がない方は市販されている「乾燥剤」「湿気取り」利用されても良いでしょう。

(注)「湿気取り」を置いておきますとその容器の底に液体が溜まってきますが、それはかなりの「強アルカリ性」、その為、その液が衣類 に付きますと「染色」に影響が出たり、皮革製品ですと硬化縮絨させてしまうので絶対にこぼさない様にしてください。

後、防虫剤も一緒に入れておくと「虫食い」の被害からも守られます。

未だしばらく湿度の高い気候は続きますので、よろしければ参考になさって大切なご衣裳をお守りくださいね。

本日も御読み頂きありがとうございましたm(__)m

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック