洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

その服、不潔です。
イフクリです。



必ずと言っていいほど毎年毎年・・・


「どうにかして直してくれ!」


クリーニング店へ相談に来ます。そしてその原因はクリーニングしないでクローゼット仕舞いぱなしにしてしまったことにあるが、なぜだと思いますか?
という前回話をしました。前回は
こちら


もう一つ質問しますね。
今、かさばる冬の洋服から薄手の春らしい洋服にチェンジしている最中だと思いますが見た目汚れていると感じますか?


こんな風に思っていませんか?

『見た目そんなに汚れてないんだよね』
『1度しか来てないから汚れるはずはない』
『家で洗うからコレはクリーニング出さなくてもいいや』
『ファブリーズしてけば大丈夫だろう』


これ全部間違った認識です。




ところで、皮脂を取り除くのにめっぽう強い方法って知ってますか??






それは。






ドライクリーニングです。






なーんだよって思ってませんか?




脂には油。
マジックのイタズラ書きをシンナーやラッカーで落とすのと全く同じ。




ご家庭でドライクリーニングの溶剤を触れる機会なんてありえませんから、
イメージしにくいのですが、この溶剤。
溶剤の中に手を入れると一瞬にして手の皮脂を奪われます。
手のクリームを付けていないガサガサ状態の肌と想像してもらえれば
わかりやすいかもしれません。





説明しますね。
冬のシーズンは汗をそんなにはかきませんよね。
代謝がよければ別ですが。体からは常に皮脂が分泌されています。
夏は汗を大量にかきますから皮脂を流してくれるので衣類に残るということはさほど無いのですが、冬はベットリと繊維の中に残ります。

携帯電話で電話した際に画面が皮脂で汚れることがありますよね?
アレが1回でも洋服を着れば付着しているわけです。
手でチョコっと触ってもです。


この皮脂汚れ。ほとんど無色で見た目わかりません。
携帯の画面に付いた皮脂を見ればわかりますよね?

しかも水洗いで落とすのは非常に困難です。
落とせないわけではありませんが、
衣類に残った皮脂を取り除くには負担がかかります。


負担がかかるということはその洋服は長持ちしないということです。


ワイシャツの襟の黒ズミや茶色い汚れは洋服着用でくっついた皮脂に
垢やホコリなどがくっつきそれらの上にさらに皮脂が付着
するサンドイッチ状態になっています。
この汚れを落とすのに苦労した主婦の方は少なくないはずです。
歯ブラシ使ったり。


ちなみに。
お家洗いというエマールなどを使用した水を使ったドライマーク洗いでは
キレイになっている気がしますが皮脂は完全に落ちていません

当然、ファブリーズ(消臭剤)で落ちるはずもありません。




女性が化粧を落とす時、クレンジングオイルやメイク落しを使用しないでいきなり洗顔フォームで顔を洗う人はいるのでしょうか?

クレンジングオイルやメイク落しで化粧を浮かせて拭き取ったり洗い流したりしますよね。それから洗顔だと思います。



洋服も同じです。冬に着た衣類は汗をかきませんから衣類に皮脂が残っています。(夏は汗で皮脂が流れますから違った汚れになります)





衣類の衣替え時につかうクリーニングは来シーズンに着るための
メンテナンスです。






洗うと言っても水洗いではなくドライクリーニングをして皮脂を取り除いて
からクローゼットへ仕舞うことで虫食い、変色などのトラブルから守る。



とクリーニング屋さん的に〆ますが、





なにより何回も着ているのを洗わずに仕舞うなんて不潔じゃないですか?






本日担当は
イフクリ



スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/14 9:25 AM
コメントする