洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

救急の対応
 先日コンビニで買物をしている時のこと

レジで精算をしていると

レジ脇のCD機に居た若い男性が


ドサッと倒れてしまいした。


頭を打ったらしく意識朦朧としている上に

呼吸も上手く出来ないような状態でした。




すぐ近くに居たので駆け寄ったのですが

どうしていいのかわからず

脈をとったり呼びかけたりしか出来ませんでした。



そこへベテラン店員の方がやってきて


「名前は言えますか?」「吐き気はありますか?」「脈取りますね」「動かないで下さい」


とテキパキと行動していました。


その後男性は救急車に運ばれて行きましたが


ベテラン店員さんは昔看護のお仕事をしていたそうで素晴らしい対応でした。



私のようなド素人が手を出してたら取り返しのつかない事になっていたかもしれません。。。






あ〜クリーニングも同じかなって


私たちはクリーニングのプロです。


私も家庭洗濯や家庭でできるシミ抜きなどを教えてはいますが


プロの仕事とは全然!全く違います。




例えばシミ抜きにひとつにしても


「シミの色は?」「大きさは?」「生地の状態は?」「シミの変化は?」


様々な知識と経験で安全に綺麗にしていくのです。


「家庭洗濯の延長でいじられると致命傷になってしまうこともある」


ということをお忘れなく、大切な衣類は即プロの判断に任せましょう。

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック