洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

洗濯すること
バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Reの川畑です。

あらためて気づいたことがありまして、今日はそれの話題


僕は、バッグの修理の他に、ジーンズの修理とかをしてるのですが…

ジーンズの修理をしていて、わかっていた事なのですが、あらためて気づいたんですね。

それは洗濯の重要性です。

元々クリーニング屋のセガレですから、洗濯が生地のメンテナンスには大事!ということはよくわかっていたつもりです。

でもね、ジーンズとか縫ってると本当によく分かるんです。

修理でお預かりするジーンズは、修理前には洗濯してから出してくださいね〜ってアナウンスしてるんです。

なんでかって言うと、汚れがあると困るって言うのもありますが、やっぱり縫いにくいんですよ。

ジーンズなどは、色落ちするから洗濯しないで履きますなんて方もいるみたいですが、やっぱり洗濯してないとごわついていて縫いにくいです。

新しい物や、洗濯しないで硬くなっている繊維はやっぱり針の通りが悪いです。

適度に洗濯していて馴染んでる物はすごい縫いやすい。

針の通りがいいんですね

洗濯してないジーンズは、異物でつまったり、汗や塩分・チリやホコリなども入り込んでいるみたいで、ひどいものは縫うと煙のように粉が舞います。

これって生地にとっては非常に良くない状態だと思います。

やっぱり、ジーンズに限らず繊維製品を長持ちさせるには、定期的に洗濯が必要だと思います。

消臭剤などで臭いをとってOKって人もいるかも知れませんがやっぱり洗濯は大切です。

ジーンズの色落ちも僕は「味」だと思いますよ。

今更ながらおもった今日このごろです(笑)

どうしても洗濯に抵抗がある方は、お近くのクリーニング屋さんに相談してみてください。

色落ちしにくい洗濯方法で、メンテナンスしてくれる所もあると思います。


スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック