洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

天気の良い日は窓を開けてみましょう!     (衣類のガス退色防止)
こんにちは♪ クリーニング師・繊維製品品質管理士 の 村山@京都 です。

もうすぐ「立春」、今日はここ最近の冷え込みも緩み、晴れて暖かくなりそうな予報が
出ています。


今の季節、こういう日は中々有りませんので色々な事に是非有効に使いたいですね(^^)

特に最近は密閉されたお部屋が多く、暖房器具から出る燃焼ガスや水分の影響を
受けやすいのがクローゼットや部屋の中に吊った状態で保管されている大切な衣類たち。

それらが例えばこんな事態に!
事例として。。。

ガス退色 ナイロンジャンバー

( 「技術情報」2010年12月号掲載写真より )

このナイロン製のダウンジャンバー、あちらこちらが元のグレーからオレンジ色に広い
範囲変色を起こしてしまっています(@_@;)

この現象は「ガス退色」と呼ばれる現象で、主に
石油ストーブやガスファンヒーター、ガスコンロなどの燃焼の過程で空気中の窒素と酸素
が結びついて出来る「酸化窒素ガス」が、特にナイロンやアセテート、綿などの繊維で
出来た衣類の染料を分解してこのような変色を起こします。

この現象は発生した「酸化窒素ガス」が滞留すると起き易く、特に水分に吸着しやすい
性質があるので、水分を吸った状態の衣類は影響が出やすくなります。

お部屋を閉め切った状態はまさしくこの状況を生み出していると言えます。

そこで日頃寒さの為にお部屋を閉め切った状態にしているのを、今日のように天候の
良い日に思い切って「ガラッ!」と窓を開けて、室内の空気を綺麗な空気と入れ替え、
衣類もしっかり乾燥して、このような悲劇を無くす様にしましょう!

そしてどうぞ今日も気持ちの良い一日をお過ごし下さいませ(^^)

本日のブログは 村山@京都 が書きました。













スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック