洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

年末年始のクリーニング屋さん。
 明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



新年一発目は、東京都府中市の一伸ドライクリーニング店 工藤がお送りします。




皆さん、年末年始はいかがだったでしょうか?
年明け、集配にお伺いしてますと、年末年始は風邪を引かれた方が多かったようです。
かくいう私も、風邪を引いて寝正月を。(笑)
久しぶりにゆったりと寝る事が出来ました。




クリーニング屋さんの年末年始ってどんな感じかご想像できますでしょうか?




私のように寝正月?
お腹ぱんぱんになるまでたらふく食べてる?(笑)




そういうお店もあるんですけどね、お正月返上で頑張っているクリーニング屋さんも沢山あるんです。



一番、皆さんに身近なのが、ホテルのシーツや枕カバーなどを洗っているクリーニング屋さん。
一般のクリーニング店とは違い、リネンサプライと呼ばれたりしますが、この人たちは年末年始返上で働いているんですね。
温泉のあるところのクリーニング屋さんは普通の所でも返上して働いているかもしれません。
子どもがまだ小さい頃、肌荒れがひどくて、お正月に熱海の温泉でつかってみようといった所、周辺のクリーニング屋さんは普通に仕事してましたから。


皆さんが動くという事は、色々なものが汚れるという事。
クリーニング屋さんの仕事は常にあるんです。



また、普通のクリーニング屋さんも、年末は大騒ぎ。
皆さんが仕事納めまで来ていた服などを、一気にお預かりしまして、年明け仕事始めまでにお渡ししなければいけません。



年末はどこのクリーニング屋さんも、戦場となるんです。
せんじょう・・・・・、せんじょう・・・・、戦場・・・・・・・、洗浄・・・・・・、すいません駄洒落でした。m(_ _)m





当店でも年末はクリスマスが終わる頃から忙しくなりまして、大晦日まで営業をして全部お渡しをしていました。
これも毎年の光景。




うちは新年は7日からの営業でしたから遅めですが、クリーニング屋さんによっては3日から営業をはじめるお店があったり、聞いたところによると元旦から営業をされていた所もあったようです。




正直、その時期はお客様は来られないんですよ、ほとんど。
でも、お酒飲んだりして汚したら洗いたくなるだろうという配慮から、開けているようです。





そうそう、このお正月休み、クリーニング屋さんには大事な仕事があります。
それは、休んでいる間も、ボイラーのチェックを怠らないという事。
ボイラーは、蒸気を作り出す機械で、クリーニング屋さんにとってはとても重要な機械。
灯油やガスを炊いて、水を沸騰させてお湯を沸かし、蒸気を作り出します。



これがですね、休んでいて動かさないと、水が通っているパイプが凍ってしまって動かなくなってしまうんです。
そうすると、いざ仕事をしようとしても、動いてくれずに途方にくれることになってしまう。



そうならないように、東京でも一度は動かして温めるようにしています。
先日長野の友達に聞いたところ、仕事始めの前日に試し運転をしようとしたら、凍っていて、一時間半もドライヤーでパイプを温めていたとか。



クリーニング屋さんにとってもこの寒さは困り者です。





年末年始のどたばたを乗り越えて、クリーニング屋さんも無事に仕事をしていることと思います。
今年も、多くの皆さんに、クリーニング屋さんをご利用していただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。





スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック