洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

汗かいてる?
洗濯の扉、今日の担当は横浜の伊藤です。

今の時期はクリーニング屋さん、ちょっと忙しいです。
夏から冬への季節の変化、早い話しが衣替えの時期なんですよね。
夏のお洋服をしまうためにクリーニング。
春にの洗い忘れた冬モノもクリーニング。

クリーニング屋さんの店頭に「汗抜き」とかかれたノボリが立てられているのを見る機会もあるでしょう。
「汗抜き」 いったい何なんでしょう。
タイプはいくつかありますが、一般的なのは特殊な洗剤を使って水洗いするやり方ですね。

ドライクリーニングとは簡単に言えば油で洗うクリーニング方法です。
素材へのダメージが少なく、風合い維持には大変優れた洗浄方法です。
ですが、汗などの水に溶ける汚れは一工夫しないと落ちづらいのも事実です。
そこで、特殊な水洗いで汗などの汚れをサッパリ落としてしまおうという訳です。

では今まで洗ってきたドライクリーニングは汗の汚れを落としてなかったんだ!
それじゃ詐欺じゃないか!
みなさん、そのように感じませんか?
私が一般の消費者なら皮肉のひとつもクリーニング屋さんに言いたくなりますね。

ところが実際はそうとも言い切れないんですよ。
さきほども書きましたが、何事にもプロには"ひと工夫"ということがあるのです。
汚れが特に激しそうなところに前もって水性処理をしてからドライ洗浄するのですよ。
これで普通の季節の普通の汗汚れでしたら、さほど気にする事は無いはずです。

更に言わしていただければ・・・。
例えば、いま流行の「おうちクリーニング」と称した家庭用のドライマークが洗える洗剤。
あれは水洗いでドライではありません!と我々業者は口を揃えて言います。
しかし、我々の「汗抜き」だって、とどのつまりは水洗いです。
もちろん、使う洗剤の質や洗う技術はご家庭でのそれとは雲泥の差があります。

ウールなどの繊維には髪の毛と同様にウロコがあるのです。
そのウロコが水に濡れる事により膨潤して縮みなどの原因になります。
そのウロコをシリコンや植物油でコーティングして水洗いするというのが理屈なのですが、やはり水は水。
すべての生地が変化無く洗えるという事はないのです。

やはりどうしても、縮まないまでも風合いが若干変化したり柔らかくなったりとする品物も出てきます。
汗でぐっしょりとか、真っ白で黄変させたくないというなら「汗抜き」はぜひお試しいただきたいメニューです。
ですが、大して汗で汚れてもいない水洗い禁止衣類を無理に「汗抜き」しなくともドライで十分なこともあります。

クリーニング屋さんの中には、営業的にも今の時期は汗抜きをカウンターで勧めますよね。
しかし、すべての品物に「汗抜き」を勧めるようでしたら、それは「売り言葉」にすぎません。
本当に必要かどうかは、お客様とお店とで相談して判断されるのが一番だと思います。

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック