洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

家庭の洗濯機に満足されていますか?
 おはようございます。

今日から『洗濯の扉』に参加します伊藤と申します。
横浜で小さなクリーニング屋さんを地味ぃ〜にやっております。
不惑の50歳直前・・・
これから、たまに出てきますのでよろしくお願いしま〜す。


さて、クリーニング屋さんをやっていると、たまに想像もつかない質問をうけたりします。
よく聞かれるのは、『自分の洗濯もお店の機械で洗っているの?』

勿論、皆さんがクリーニング屋さんを利用されるような品物は、私もお店で洗いますよ。
しかし、家庭で洗う肌着やタオルなどは、家庭用洗濯機で洗っています。
伊藤家は、子供が2人いましてね・・
今年から下の坊ちゃんも無事に小学校入学となりましが、保育園に通っている頃は毎日毎日、山のような洗濯物がありました。
タオルやらなんやら・・2人の子供でこれですからね、あと子供2人も追加されたら、大変ですね。(笑)

ところで、たまに家庭用の洗濯機でワイシャツなど洗うことがあるんですが、気になることがあるんです。

 「 キレイにならない 」

最近の洗剤の開発には、目まぐるしいモノがあります。
少量でも効果がでますとか、バイオの力で汚れを落とす、とか。
でも、所詮ドラッグストアーなどで売っている一般家庭向けの洗剤というのは、限界があるのかな?とも感じます。
薬局で買える風邪薬よりも、お医者さんで処方箋を頂いて購入する薬の方が利くと思いません?
やはり、オールマイティーに対応しなくてはいけない一般家庭用洗剤よりも、プロが使う業務用の方が当然汚れ落ちがいいですよね。

洗い方自体も差があります。
一般洗濯機の汚れを落とす原理は、水流によってもみ洗いの作用を出すことにあります。
ガラガラと廻って、洗濯物が層の中で泳ぐアレです。
業務用の洗濯機は、ドラム式。
洗濯物をドラムの上まで持ち上げて、落とします。
その落とす位置エネルギーで汚れを落としていきます。
最近は、家庭用洗濯機にもドラム式が増えましたが、絶対的に違うことがあります。
それは、ドラムの径の大きさ。
径が小さければ落差も小さいですから、位置エネルギーも当然小さくなります。
「優しく洗う」と言葉を換えればキレイですが、結局汚れ落ちが劣ると言うこと。

さらに、業務用では温水を使用します。
温度を上げることにより、洗剤の効力もぐんとアップします。
家庭では温水の使用はなかなか難しいですし、光熱費のことを考えると躊躇しちゃいますよね。
事実、私の家庭にある洗濯機にはお湯がでるカランが接続されていますが、使うことは滅多にありません。(笑)

いままでご家庭で洗っていたポロシャツやブラウスなども、一度クリーニング屋さんで洗うとその差はよくわかると思いますよ。
アイロンプレスすることで、いつまでも形崩れなく着用できます。

クリーニング屋さんは、今も昔も「家事のサポート業」です。
洗うことに関しては、いつでもその手を差し出してお待ちしています。
アツい思いの同業者も多いので、その手が汗ばんでいたらゴメンナサイ。(笑)
遠慮無く、お声がけ(ご利用)してくださいね。

さてさて・・お次は・・再び初登場かな? お楽しみに〜

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする