洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

覇気を纏ったジャケット
 こんにちは、本日は福島のTAMAがお送りする 洗濯の扉


昔々、もう20年くらい昔の話

私の父の師匠筋のお店へ見学に行ったときの話です。


そのお店、当時は東北ではとても少なかった年中無休の

その場で受付けて洗って仕上げての

すべて賄う街中のお店だったのですが



見学に作業場へ入るや否や 中央に ドンと吊り下げられてるのは

とても大きなグレーのシルクサテンのジャケットでした


見るからに尋常じゃないジャケットなのですが

そこから滲み出るオーラ 覇気 それさえも尋常じゃありませんでした。

「な、なんなんですかこれ!」

店長さん軽く
 

「あーそれね、布袋さんとか言うロックのお兄ちゃんの衣装だよ」

「大変なんだよー汗でびっちょりで来るんだもん」

「ジャケット自体は軽く出来ててすごくよく出来てるよー」

なんてあっさり


バリバリ売れててツアー真っ最中の衣装そりゃオーラ全開ですね

今思うと、ちょっと触らせてもらっておけば良かったなぁと思うのですが

とても恐れ多くて、触ることもできませんでした。



嵐やSMAPなんかのツアー衣装もどこかのクリーニング店で

洗われていたりするんでしょうが、絶対言えないませんね

あーそれ、うちで洗ってるんだよ なんて





スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック