洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ポリウレタンの劣化と直し
バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Re川畑です。

今日はポリウレタンの話。

前にも投稿しましたが、ポリウレタン、合成皮革によく使われています。

生地の基布などにポリウレタンのコーティングがされたものですね。




画像はクリーニング屋さんから依頼されたものですけど、ウレタンコーティングが剥げてしまって基布が露出してます。
(なおすんでマスキングしちゃってるからわかりにくいかな?)

クリーニングしたらはくりしちゃたってやつですね。

組合のページなどでも再三紹介されてますけど経時劣化が如実に見える素材ですから、クリーニングトラブルにもなりやすい素材ですね。


東京都クリーニング生活衛生同業組合HPポリウレタン素材紹介リンク
ポリウレタン素材の弱点を知る
人工皮革と合成皮革
知っておきたい!注目ファッションアイテムの落とし穴
レザージャケットを知ろう



ジャケットの飾りとして使われています。
ウレタンコーティングの経時劣化が3年から5年でおきるといわれていますから、繊維素材などと複合で使われているといずれこんなことになります。

確かに確認しないで洗ってしまったクリーニング屋さんにも落ち度はありますが、耐久度合いの違う素材を組み合わせて製品を作るのにも問題があると思います。

僕は、皮革製品を専門にメンテナンスしてますから、合成皮革もけっこうご依頼されますが、合皮だって分からないでご利用されている方が多いのに驚きます。

「これ合成皮革ですから…」と説明するとみなさんびっくりされますし…
中にはレザーだって言われて買ったなんていうひどいケースもありますし…

劣化した物を、カビが生えたとか、粉吹いたとか、汚れたっていって持ってくる方も非常に多いです。

合成皮革の物でもブランドものとかはけっこう高い値段で売ってますから、あまり使わないで大事に保管しながら使うなんていう人もよくいますね。
で、久々に出してみたら劣化している…
合成皮革の物は普段使いで劣化が始まる前にいっぱいつかって元とったほうが良いと個人的には思います。


なんか合成皮革の悪口ばっかり書いてますが、僕は個人的には合皮も嫌いじゃないですよ。
革のような質感なのに、とても柔らかくて軽くって着やすいジャンパーとか
靴ずれ起こし難くて履きやすい靴とか
ありますし

何より皮革に来れべれば、お値段もリーズナブルですしね。

革の偽物って認識で使ってると、粗悪品みたいね位置づけになってしまいますが…

合成皮革の製品として理解して耐久性や素材特性をよくしって、その上で使えばけして悪い素材では無いと思います。

製造段階や販売段階でもそこら辺、よく考えて売ってほしいな〜とは思いますが。


ちなみに例のウレタンの剥がれは



こんな感じでコーティングしなおして直します。
出来上がり撮り忘れちゃったけど…

自分の洋服屋、アイテム、よく理解した上で適材適所で使いましょう!!

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/11 8:16 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/01/21 7:43 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック