洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クリーニングに出す事を誇りに思って下さい
 皆さん、こんにちは。
洗濯の扉ブロガーのよねちゃんです。


先日、お客様とお話していてこんな事を聞きました。



ご友人方との会話で
「足袋」をクリーニングに出すと言ったら

「そんなもの家で洗いなさいよ〜」

とみんなに怒られたということでした。

「家で洗えばええんやけどね〜」

とお客様は申し訳なさそうな様子で私におっしゃいました。



確かに足袋は家で洗えます。

でも、それをクリーニングに出してはいけないということは全くありません


家庭の洗濯

クリーニング屋さんの洗濯

全く汚れに対してのアタックの仕方が違います。


具体的に、
足袋の洗濯に関していいますと



-----------------------


家庭洗濯

洗濯機にポイ

もしくは

風呂場での手洗い

終了



クリーニング屋さんの洗濯

前処理

温度を上げた水の使用

汚れに対して適切な量の洗剤・漂白剤の使用

そしてしっかりとしたすすぎ
(洗剤の残留を防ぐ)

ピシッとしたプレス

終了

(色柄ものによって漂白剤の使用や水温は調整します)

-----------------------


店舗によって工程は多少違うかもしれませんが、
多くの工程を経ていることは確かです。




結局、家庭で落ちない汚れは
生地のくすみ・黄ばみ・変色といった原因となってしまいます。

それは結局生地へのダメージとなるのです。



お客様が支払ったクリーニング代には


汚れを芯から落とすこと 

洗濯の時間を節約すること

品物を長持ちさせること 

プレスがピシッと当たっている気持ち良さ

製品を長持ちさせる


などなど多くの対価を含んでいます



お客様に、

これらを色々とお話させてもらいましたところ、

最後には自信を持って頂けたようで安心しました。



おうち洗濯ブームではありますが、


家庭で洗濯出来るものを
クリーニングに出してはいけないというルールはありません!



むしろ、大切な衣類であれば、
絶対出しておいてください。


クリーニングをご利用の皆様、
誇りを持ってクリーニングをご利用下さい!


衣類についた埃(ほこり)は、
すべて落としてみせますからねっ(笑。



スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック