洗濯の扉ブログ記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

この夏の衣類の健康診断・治療は?
 こんにちは。 クリーニング師 ・ 繊維製品管理士 の 村山@京都 です。

 偶然ですが、これを書いている今日、実は私の53歳の誕生日なんです。

 とりあえず普通に元気に仕事が出来る位の健康状態でこの日を迎えました。 

でもそろそろ年齢なりの健康面での不安も感じておりまして、体の手入れも 必要かと
存じます。

 人間の場合は何か体に不調や不安が有れば病院へ行って検査や治療をします。

 しかし衣類の場合は何か不調・不都合が有っても自ら動けません。

 例えば、かいた汗を吸ったとか目立たない汚れが付き、そのままほっておかれ、 
それらが時間の経過で繊維を侵して変色や生地の劣化などを起こしたとしても
 衣類自身はなすがままです。

 そんな時、着用した人間がしっかり着用状態や汚れの有無など、衣類の状態を 察知し、
しっかりとした処置、すなわち「洗濯」をしてやればその衣類はまた 健康状態が戻って
再びしっかり活躍してくれます。

 家庭での 治療=家庭洗濯 が出来ないものは 専門病院=クリーニング店 へ行って
しっかり 治療・養生=プロのクリーニング  をしてもらえばその衣類は健康で長生き
してくれる事でしょう。

 今年の夏は酷暑と言えるぐらい酷かったですね。

 そして9月に入っているのに残暑も厳しいです。 

そんな厳しい環境で病んだこの夏着用された大切な衣類はしっかり
 健康検査・治療・養生=クリーニング を受けさせてあげてくださいね(^^)

 今日の記事は 村山@京都 が書きました。

スポンサーサイト
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック